FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

トラブルを抱えたお子様にも脳幹活性!

2019年06月21日
BSセラピーの駒川先生のブログに、素晴らしい記事があったのでシェアしたいと思います。

実は障害のある方の方が、早く変化していく傾向にあるそうです。
もちろん、個人差があるので全員が必ず改善するとは言い切れませんし、どこまで改善していくのかも分かりません。

でも、こんな事が起こるなんて!という驚きの体験も確実にあるんです。

_____________________________________


セミナー終了者を対象にしたFacebookの非公開グループに今年3~4月に一気にセミナーを受講してくださったS様から、嬉しい体験談の投稿がありました。

ご本人に許可を得た上で、転載します。

現代は種々の要因が重なって、健康に届かず誕生してくる赤ちゃんが増えていると聞きます。

そうした場合、現代医療の治療や処置はもちろん欠かせませんが、親として他に少しでも何かしてあげられることはないのか?
私も子供たちを育てた一人の親として、切実な気持ちになります。

ライオンあくびは自宅にいて、出来る画期的で手軽な健康法です。

こんなことで?と誰もが口にしますが、こんなことでも場合によっては大きなメリットを体験することもあります。

体験はお一人おひとり違いますから誰もにメリットがあるとは言えませんが、こんな奇跡と思えるようなこともあるということをご紹介します。

なお固有名詞は一部変更しております。
また法律の関係上、こういった体験談もブログやHPに掲載しづらくなっておりますので、今後削除することもあることご了承ください。



(以下投稿文)


嬉しいことがありましたので、初めての投稿をさせて頂きます。

私は、今年の3月にベーシックセミナーを受けたのですが、人口がまばらなこの地域ではなかなか施術をさせて頂く機会も、もちろん受ける機会もないことに悩んでいました。


それが、つい10日ほど前、お隣の30代のママに、あくびセラピーのお話をする機会があり、ありがたいことに施術のモニターを引き受けて下さるというのです。 

彼女は「脳幹」というワードに非常に興味を示してくれたのです。
と言うのも、彼女は、1歳5ヶ月の男の子のママで、彼は6ヶ月の早産で水○症で生まれていました。

坊やは、誕生直後からたびたび手術を受けており、今現在も病院に行く機会は多いそうです。

坊やに良いと言われるものは何でもやってみよう、と勧められるままにいろいろチャレンジしてみるものの、「結局、みんな宗教がらみで…」と将来に絶望して鬱状態になり、家に引きこもりがちだったそうです。

坊やは少し成長が遅く、つかまり立ちもまだ出来ないし、後退ハイハイは出来るけれど、なかなか前進ハイハイが出来ない、又、弱視で分厚い眼鏡が必要。そして、体温が低く、低体温症とまでは行かないものの、常時35.5度くらいしかなく、風邪が流行ったりすると、移るのが怖くて外に出られない・・・そんな辛い日々を過ごしていた時だったのです。


だからだったのか、すぐにあくびセラピーとミネラルの話に興味を持ってくれました。

一通りの説明をさせて頂いて、「藤川さん&村上さんの体験」のYouTube(先天性○性麻痺の方の体験談・非公開)、他、いくつかYouTubeを送り、「ライオンあくびの本」をお貸ししました。


そして、そのたった2日後に「ライオンあくびってすごいですね、本を見ながらやってみたら、一回で顔のむくみが取れて、前から痛かった腰痛もなくなったんです。それから、鬱病の一歩手前だった落ち込みが、無くなって、何をあんなに悩んでいたんだろう?と思えて…」との報告をもらいました。

彼女のイライラが減り、体調も良さそうにしているのを見たご主人も今は一緒にやっている、というのです。 

初めてお話をして本をお貸しして、わずか3日間の急展開ですから、その素直さに驚きました。

そして、これは赤ちゃんにも同じようにやるんですか?と聞かれ、以前「5歳以下の幼児に対するやり方」について、駒川先生が教えて下さったという山本さんのお話を思い出したのです。それで、教えて下さったのがこれです。


2019/03/23の【 あくび(BS)セラピー研究会 】 の投稿より。
 
要点だけ記しますと、

【駒川先生より以下のご指導を頂きました。
「指先からビームで左右をビーム線で結ぶように」
「左右のこめかみに中指で軽くタッチしておく方がよい」 とのことで、
これを1日2回、5~10分程度(赤ちゃんなら寝ている間に)
これにより「数分間すると蝶形骨が動き出し、エネルギーが下に流れる。」】
というものです。

早速、ママにこれを伝えたところ、すぐに実行して、嬉しい変化を報告して下さいました。


その経過を時系列に記してみました。

6/5 ライオンあくびの本etc. をお渡しする。

6/8 本を読んで実行された成果を、ご夫婦で言って下さる。
  ミネラルにも興味を持たれたので、飲用と浴用を少しお渡しする。

6/8 夕方の授乳から、坊やにミネラルを飲ませ始める。
  一日5回の粉ミルクに2ccづつ入れる。(計10cc/日)

6/9 入浴用のミネラルを入れたお風呂に母子で入る。

6/10 翌朝の浴槽の底にオレンジ色の沈殿物がすごい量で(固まって削り取るようだったそう)、体の中にため込んだ毒素の量にショックを受ける。 

6/11 常時35.5度だった坊やの体温が、飲み始めた翌日から36.8度に上がり、今もそれをkeepしていて、動きが活発になった。

6/12 幼児用のセラピー(こめかみセラピー(笑))をお渡しする。 この日、ママに初施術)

6/13 坊やに(こめかみセラピー)を始める。

6/14 翌朝、つかまり立ち、そして、前進でハイハイもするようになった。

6/15 (ママの2回目の施術)

                      以上


たった10日間ほどの話なのですが、目まぐるしい変化を通して、薬、農薬、添加物etc. に対する意識も変って、
「今までくよくよと悩んでいたのがウソみたいに思えて、なんだか希望が持てるようになった。
これからも親子3人で毎日ライオンあくびを続けます。」
と、喜んでくれています。

駒川先生がいつもおしゃるように、農薬、添加物、その他化学物質を無自覚に摂り続けるのを止めれば、ライオンあくびの効果もより大きい、という教訓を、ママがミネラルの入浴剤の排毒作用を目にしたこともあって、セラピーと出会った初めからこの大切なことを認識出来たことはラッキーだったと思います。

生活の質を、今までとは180度変えていかれるきっかけが、ライオンあくびだったということが本当に嬉しいです。

1歳5か月から、こめかみセラピー → あくびセラピーと受け続けたら、どんな奇跡が起きるか、ママだけでなく、私も楽しみです。

とりとめのない文章となりましたが、
お読み下さってありがとうございました。

                                (投稿文以上)



6/19本日、投稿してくださったS様とのメールのやりとりで、
「坊やの動きが本当に活発になってきたそうで、人差し指を立てて、物を指し示すことも出来るようになったそうです。」との最新報告を教えていただきました。

早く元気になってくれるといいですね!!


ライオンあくびで家族に希望が!


-BS(脳幹セラピー)