FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

オイルが教えてくれる事

2012年02月21日
ある時、友達から体のコリがひどいからほぐして欲しいと頼まれ、マッサージをすることになりました。

いつもならばカウンセリングをするのですが、友達ということもあり、体のつらい箇所を簡単に確認しただけで、すぐにマッサージをスタートしました。

背中の筋肉が張っているから筋肉に働きかける精油を使おうかな、
でもその前にリラックスさせた方がいいかな、
う~ん、どうしようかな…
などと思いながら、横にズラッと並べた精油たちに、

「この人を癒したいコはいる?」

と聞いてみると。

「ハイッ」

と勢い良く立候補してくる精油がいたのです。
実際には、精油がピカッと光ったのですが、私にはまるで、

「ハイハイハイ!私を使って~」

と思いっきり主張してくる声が聞こえたのです。

でも、立候補してきた精油は、オーラの保護を目的としてブレンドしたもの。

オーラの保護?
どこを保護すればいいの?
と不思議に思っていると、またまた精油が、

「私を足首に塗って」

と言います。
何だか分からないけれど、まぁそう言うのなら…と、とりあえず足首に塗布しました。

あとは、普通に背中と腰を揉みほぐして、マッサージは終了しました。


マッサージの後に足首のことを聞いてみると、実は、彼女は中学時代に陸上部に所属していて、練習中に足首の靭帯を切ったことがあったそうなのです。
本人もすっかり忘れていたらしいのですが、どうやら、靭帯を切った影響で足首のエネルギーに亀裂が入っていたようです。
オイルは、これを修復したかったのですね。

本人の意識に上っていない肉体とエネルギーの不調を、精油が教えてくれたのです。


施術をしていると、こういったことが割と頻繁に起こります。
教えてくれるのは精油だけではありません。
ハーブやサプリメントや鉱物なども、同じようにケアの方法を示唆してくれます。

すべてのものには知性があり、コミュニケーションがとれるのです。

でも、その中でも私は植物に由来するものと相性がいいようで、特に精油からは、驚くようなサポートを受けています。
ですから、人の体をケアする時は、カウンセリングと同じくらい直感を大切にしています。


私は植物は好きですが、特別に慈しんでいる訳ではありません。
ですが、植物には人間と同じように意識があり、感情があり、愛情があり、コミュニケーションがとれることを知っています。
ですから、いつも人間に対してと同じように、周りの植物に話しかけています(外では心の中で)

ですから、皆さんも植物と交流してみてください。

道を歩く時に、家の垣根や街路樹に話しかけてみて下さい(心の中で)
花屋の前を通ったら、「なんてキレイなの!素敵♡」と絶賛してあげて下さい(あくまでも心の中で)

きっと、植物との興味深い交流が始まると思いますよ。


-植物、アロマ