FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

人間サイエンスの会

2009年12月23日
来年1月21日に、レバナさんが「人間サイエンスの会」主宰のセミナーで講演をするそうです。


テーマ「愛と平和を創造する 人間の潜在的可能性」

1.世界の形成

この地球がどのように創造されたか、そのプロセスについて。
そして、いま地球に住んでいる三種類のおもなエネルギー存在や、この惑星で行われている『大いなる実験』について。
それにともない『光の神々』と天使たち、および妖精族と人類が、この世界に存在するようになった経緯。 


2.エネルギーに触れて癒す

ヒーリングについて。
肉体や精神、スピリットの癒しについて。


3.宇宙に触れて地上に降ろす

エネルギーの仕組みと活用法について。
世界に対する認識と、拡大について具体例をあげて説明。


日本にも、こんな会が存在したのですね。

過去に開催された講演会を見てみると、

エリック・パール氏の「リコネクション -人を癒し、自分を癒す-」
ブレンダ・デーヴィス氏の「癒しと健康維持におけるチャクラの役割」
中丸薫さんの「これからの激動期を輝いて生きる」

興味深い内容ばかりです。

鳩山首相が会員だと聞いて、なんだか納得。



「人間サイエンスの会」とは

「人間サイエンスの会」は超党派の国会議員連盟(衆参議員が約20名加盟)。
鳩山首相、河村建夫前内閣官房長官・元文科大臣、南野知恵子元法務大臣、高村正彦元外務・法務大臣などが加盟。
主に人間の潜在能力について、幅広く講師を国会議員会館の会議室に招き講演会を開催している。
これを議員が、官僚、学者・医者・統合・代替医療、気功・ヨーガ・ヒーリング・瞑想・能力開発・超常現象などの指導者・実践者やこの分野に関心の深い一般の方々と共に聴き、議論し研究している。
本分野の理解を深め推進する事を目的とする会。

http://www.cocorila.jp/article/articles.html?mode=detail&num=2009121601


ーエネルギー