FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

サロン再開

2017年10月06日
自由が丘サロンで一部のセッションを再開しました。
内容はセッションメニューをご覧ください。
徐々にメニューを増やしていく予定ですので、よろしくお願いします。

-お知らせ

父の体調不良

2017年10月06日
夏も半ばを過ぎる頃、父が体調不良に陥りました。

ある朝、起きたら突然物が二重に見えて全く視点が合わず、テレビも新聞も読めなくて、さらに頭がクラクラして胸も苦しくなり、1日の半分はソファで横になっているような状態だったようです。

パニック発作を何度も繰り返し、食欲不振、不眠、激痩せ、神経衰弱、鬱症状…と負の連鎖。

あちこち病院へ行っても何も悪いところはなく、処方されるのはビタミン剤と睡眠薬と安定剤のみ。

どんどんやせ細っていく姿に危機を感じた母から、やっと私に連絡がきた。


どうしてすぐに相談しないのーーーε=ε=(怒゚Д゚)ノ
うちの親っていつもそう!


即、実家に帰って、神経反射区療法(FR)をスタート。

まず弱った心臓のケアをして全身の循環と脳内の血流を上げ、視床下部と松果体に働きかけて内分泌のバランスを取り、視神経もケア。

そして一番大切なのが、本当はどこの臓器が弱っているのかを見つけること。
色々な不調があっても、それらはあくまで、今、現れている症状にすぎず、根本原因(生まれてから一番最初に弱った臓器)を改善しないといずれまた別の症状として出現します。

父の場合は胃でした。

ということで、胃のケアを最も重点的に。
仕上げに全身の経絡と中枢神経を整えて、リンパを流します。

これらは顔をメインに、手と足とお腹の反射区を利用して行いました。
サーミー大活躍。

加えて食事療法も。
気分がすぐれない時は、CADオイルをすぐに飲んでもらって。

これを5日間、毎日行ったことで症状は劇的に回復、眼の焦点は6割治り睡眠薬と安定剤がいらなくなり、食欲も戻ってパニック発作も起こさなくなった。

さらに1ヶ月後に、同じように5日間のトリートメント。
眼の問題は8割ほど回復し、友達と出掛けられるほどになった。


西洋医学が苦手な分野は自然療法で改善しやすい、今回はまさにそんなパターンでした。

自分のやってきた事が家族の役に立つのは嬉しいものですな。
まだまだ勉強不足で未熟な面もあるけど、この方向で良いんだなと感じられた出来事でした。


このことで、家族は私の事をレジェンドと呼ぶようになった(笑)
凄いのは私ではなく、FRなんですけどね。

感謝です。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)
 | HOME |