FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

寄生虫駆除(パラサイトクレンズ)

2017年06月24日
インドから帰ってきて、ハーブを使った寄生虫駆除(パラサイトクレンズ)をしました。

これは、カナダ人の生化学者、ハラダ・R・クラーク博士が提唱したやり方で、彼女はがんの原因の一つは寄生虫であり、寄生虫を駆除することによって、がんを改善させることができると説いています。

このやり方が本当にがんに効くのかどうかは分かりませんが、寄生虫を駆除する方法としてはかなり強力。

寄生虫というのは繁殖力が強く、想像以上に健康に影響を与えます。

貧血や慢性疲労、胃腸のトラブルなどにも、寄生虫が関わってることがあるそうなので、アジアや衛生環境の悪い地域に長期滞在したことのある方は、一度やってみるといいかもしれません。



必ず!3種類のハーブを使います。

【ハーブ】
1)黒クルミのチンキ
成虫期の寄生虫を殺します。
黒クルミ
は、アメリカインディアンによって寄生虫駆除(抗バクテリア、抗ウィルス、抗真菌)に使われていました。 
緑色をした黒グルミの緑の外皮のチンキを使うことが大切です
黒いものは効果的ではありません。


2)ニガヨモギ
幼虫期の寄生虫を殺します。
不活発な消化機能を助ける働きと、駆虫効果があることで知られています。
胃酸の分泌と胆汁の生成を促します。 


3)クローブ
寄生虫の卵を除去します。
抗寄生虫、抗真菌、抗ウイルス、そして抗炎症効果をもつ。また痛みを取り除く効果もあります。 



【やり方】
・黒クルミの外殻のチンキ剤(水に入れて、食前や空腹時に飲む)

1日目 1回に1滴ずつ、一日4回

2日目 1回 2滴ずつ、一日4回

3日目 1回 3滴ずつ、一日4回

4日目 1回 4滴ずつ、一日4回



このやり方で、1回20滴、一日4回飲む事になるまで量を増やしていきます。 
その後の三ヶ月間は、一日一回、20滴を飲むようにします。 
途中で中断してしまったら、中断した時の量から再開します。


・
ニガヨモギ

1日目 夕食前に1カプセル

2日目 夕食前に2カプセル

3日目 夕食前に3カプセル



この方法で、14日まで飲む量を1カプセルずつ増やしていく。
(一度に全カプセル飲んでもよいし、一日に2、3回分けて飲んでもよい。) 
その後2日間、14カプセルを服用する。 
その後は、一週間に2回、14カプセルを継続的に飲みます。


・
クローブ(粉末をカプセルを入れる)

1日目 一日三回、食前1カプセル

2日目 一日三回、食前2カプセル

3日目~10日目 一日三回、食前3カプセル

11日目以降は、三ヶ月にわたって、一日一回3カプセルを服用する。
その後は一週間に2回、3カプセル飲みます。 


ハーブの品質には、注意してください。
香りがとんでいるものは、薬効がなくなっている可能性があります。
クローブは粉末を購入するのではなく、自分でミルで挽くのが一番確実です。
かなり気合いがいりますけどね。


ハーブのサプリメントはiHerbさんで購入できます。
iHerb



ーデトックス

援農体験

2017年06月05日

fullsizeoutput_5e98_convert_20190205093044.jpeg



農援デビューしてみました。

インドから帰ってきて、ますます日本の野菜に疑問を持つようになった私。
野菜なのに野菜の味がしないし、料理しても調味料の味しかしないって変でしょ?

そうなると気になるのが、実際の無農薬の畑ってどんな感じなのかなーー自分でも土に触れてみたいなーーという想い。
ちょうど、友達がお手伝いしている農園で援農募集していたので、早速行ってきました(*^o^*)


fullsizeoutput_5c92_convert_20190205101922.jpeg



水やり、草むしり、種まき、収穫・・・野菜やハーブに囲まれて、何も考えず体を動かし土に触れる。
思った以上の癒しの時間、でも、それ以上に大変だな!!!
無農薬で野菜を作るって、ものすごい手間がかかる。
一日働いただけで、体はボロボロ。

隣の畑には、同じ大きさ同じ背丈で綺麗に並んだ大根が。

「雨が降るたびに大量に農薬撒くんだよ。
こっちにまで薬が流れてくるから、困るんだよね。」

とは農場長の言葉。

雨が降るたび…そうなんだ…。
確かに、雨で農薬流れちゃうもんね。

安く大量に生産するには薬を使う必要もある、という事は分かってはいる。
問題は、その薬が日本はめちゃ毒性が強いって事。
海外ではとっくのむかしに禁止になっているような農薬を、今だに使い続けているのは何故なのか?

お母さんの体に溜まった毒は胎児に移行する、ということを一体どれだけの人が知っているのだろう?
そして、その毒素が先天性疾患や将来の病気に関係し、さらには孫にすら影響を与えるということを。

みんながみんな、自然栽培の野菜を買えるわけじゃない。
このままでは、お金持ちしか健康でいられない国になってしまう。

色々と考えてしまう一日でした。


fullsizeoutput_5c8f_convert_20190205101817.jpeg



帰りには沢山の無農薬野菜をお土産でいただきました。
ありがとうございます!!


-日々の出来事

子供のトラブル

2017年06月03日
ロネさんがいつも話す事ですが、ここ10年間で脳障害、発達障害、ADHDなど、様々なトラブルを持った子供が増えました。
そして、それらは体内毒素との関連が指摘されています。
子供のためには、男女ともに常にデトックスが必要です。


【主な体内毒素】
⑴ 重金属
空気、水、食べ物から体内に入り込むと、臓器が本来持っている働きができなくなり機能不全を起こします。
予防接種には重金属(水銀)が含まれていて特に子供に対しての影響が強く、さらに、重金属が溜まっている母親から生まれた子供は母体からすでに影響を受けているので、そこへワクチンを受けると、ますます影響が大に。
これによって、障害、アレルギー、育てにくい子・・という可能性が高まる。


⑵ 放射能
日本は言わずもがな。
正確な情報が分からない事も問題。


⑶ 電磁波
スマホ、パソコン、テレビ
特にスマホは直接触るし、常に身につけている人が多いので影響が強いです。
スマホは小さな子供の脳の発達に害があるというエビデンスがあり、デンマークでは子供のスマホの使用時間に規制をしようという動きがあるそうです。
0〜3歳・・・0時間、近くにも置かない
小学生・・・最大3時間まで    などなど

妊娠を望む女性は、睡眠時の環境がとても大事です。
寝室にスマホの持ち込みはNG!


ーデトックス
 | HOME |