FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

FR・デトックスコース

2017年05月30日
サロンを再開するにあたって、やりたい事がありました。

今、日本人にとって一番必要なんじゃないかと思う事。

それはデトックス。

現代人の体内汚染度は、おそらく過去最高。

国内で生産される野菜に使われる農薬や化学肥料。
添加物の味しかしない加工食品。
海外から輸入される遺伝子組み換え穀物を食べて育つ牛や豚、鶏。
報道されない海洋汚染。
放射能で汚染された土を農業用にばらまく政府。

…数え上げたらきりがない。

そして、日本に住む限り避ける事ができないという現実。

これは……デトックスしないとまずいでしょう! o(o・`з・´o)ノ


どんなメニューを組もうかな〜と考えていたところに、ちょうどタイミングよく、FRのデトックスコースが開催されるというので参加してきました。

このデトックスコースは、長年蓄積された老廃物や毒素を徹底的にデトックスしましょう〜、という5週間プログラム。
東日本大震災がきっかけとなって、ロネさんが2年半かけて作り上げたセラピーです。


1週間ごとに、それぞれ違う臓器にアプローチして、体に溜まった毒素(老廃物、重金属、放射能等)を排出すると同時に、経絡やエネルギー回路の詰まりを取り除き、身体に活力を与えます。

1週目 リンパ系(胃・脾)

2週目 肝臓

3週目 小腸と血管

4週目 大腸

5週目 腎臓(子宮・卵巣/精巣)


この5週間の間は、毎日やるべき宿題があります。
解毒を促すために摂取してもらう食事と、お腹のマッサージです。
サロンに来て横になっていれば終わり♪というセラピーではありませんが、5週間後には確実に体内環境が変わっているでしょう。


ーデトックス

安心な豚肉

2017年05月23日
安心して食べられる豚肉

ぶぅふぅう農園の豚さんは、日本では珍しい放牧豚です。
餌はもちろん飼育方法にもとってもこだわっていて、何より美味しい!

さらにすごいのは、この農園では、生まれてから45日間は人工乳を使わずに母豚の母乳のみで育てています。

そのこだわりは、チェルノブイリ原発事故の際に汚染された脱脂粉乳が家畜の餌の中に使われていた事(!)がわかり、その効率重視のやり方に疑問を感じて、子豚が穀物を消化できるようになるまでは母乳で育てよう、と決めたそうです。

豚に限らず、牛や鶏、養殖の魚など、何を与えられているのかが見えないのって怖い。
天然魚もね…あまり言いたくはないけど、今となっては安全とは言い難いのかも。


口にするものは大切です。



ぶぅふぅうぅ農園
https://boohoowoofarm.jimdofree.com/

ネットショッピングはこちらから
http://boohoowoo.cart.fc2.com/


ー美味しいもの

赤ちゃん大好きインド人

2017年05月20日
インド人は子供にとっても優しい。
みんな赤ちゃんが大好き!!

ある日、ショッピングモールのエレベーターに、赤ちゃんを抱っこした若いお母さんが乗ってきました。
赤ちゃんはご機嫌斜めでぐずっています。
すると、隣にいたインド人のおっちゃんが、

「僕にかしてごらん」

と言って、いきなり赤ちゃんをヒョイっと抱っこすると、朗々と子守唄を歌い始めました。
が、突然、見知らぬおっちゃんに抱っこされた赤ちゃんは、ビビって不安げな顔。
それを見ていた別の若い男性が、(ちなみに、この2人は他人)

「俺の方があやすの上手い」

とかなんとか言って、おじさんから赤ちゃんを受け取り、優しく揺らします。
赤ちゃんがニコニコし始めると、周りにいるみんなが(全員他人)赤ちゃんを褒め称えます。

お母さんはというと、おじさんが抱っこした時も、みんながワイワイしている時も動じる様子もなく、謙遜するわけでもなく、お礼を言うわけでもなく、至って普通にその様子を眺めていて、降りる階がきたら「じゃーここで〜」と去って行きました。
インドでは他人の子供を抱っこすることは、全然珍しくないのです。


例えば、バスに赤ちゃん連れの母親が乗ってくると、座席に座っているおばちゃんが「赤ちゃん抱っこしててあげるわよ〜」と声をかけるそうです。(しかし、席は譲らない・笑)
これもインドでは、ごくごく自然に行われている事。


さて、私がエレベーターから降りて、売り場をウロウロしていたら。
カーテン売り場で、赤ちゃんが売り物のカーテンに包まれて寝ていました(笑)
気持ちよさそうに、クッション(これも売り物)を枕にしてスヤスヤと…。
お母さんは、少し離れた場所でシーツを物色中。


IMG_3302_convert_20180425222244.jpg


後ろに写っているお店のスタッフのお兄さんが、赤ちゃんの周りから付かず離れずの距離を保ち、見守ってる風でした。


こんなことも全然OK!

ゆるいな〜〜、いいな〜〜、インド。


ーインド

Peter

2017年05月17日
ペニンシュラのPeter。
内装のイケイケっぷりが好きです。

もちろん、料理も美味しい。
ってか、ハンバーガーだけど(笑)


IMG_4361_convert_20190205083046.jpg



fullsizeoutput_681c_convert_20190205083410.jpeg



普段は粗食派で、食べ物にはそこそこ気を使っている私。
でも、たまにはよいのではないでしょうか♪

幸せ幸せ(*´∇`*)


fullsizeoutput_5c82_convert_20190205083811.jpeg



ー美味しいもの
 | HOME |