FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

古代中国から伝わるアンチエイジングフード

2012年09月30日
平安時代の薬学者、竹田千継が感銘を受けたという古代中国の薬学書「神農本草経」
これが、なかなかすごい書物なのです。


神農本草経(しんのうほんぞうきょう)とは中国最古の薬物学の書物。
100〜200年頃に編纂されたといわれていますが、正確な年代や編者は不明です。

「神農」というのは、古代中国の神話時代の神様で医療と農業を司っています。
神農の体は、脳と両手両足以外がすべて透明で内臓が透けて見えており、草をなめて毒があれば内臓が黒く変化するので、これで毒の濃度や体のどこに作用するのかを調べたといいます。
何度も毒に当たっては薬草の力で蘇りましたが、最終的にはあまりに多くの毒を摂取しすぎて亡くなったとか。

神様、体張ってますね…。


神農本草経は神農が書いた書物ではないのですが、古代中国に伝わる365種類の薬物の知識がまとめられ、【上品】【中品】【下品】の3つに分類されています。

【上品】
養命薬(生命を養う目的)
無毒で長期服用可。
身体を軽く元気にし、不老長寿の作用がある。

菖蒲、朝鮮人参、甘草、ウド、山芋、霊芝、クコ、ゴマ
ヨモギ、ヒマワリの種、カボチャの種・・・等、120種


【中品】 
養性薬(体力を養う目的)
病気を予防し虚弱体質を改善する。
使い方次第で毒にもなるので注意が必要。

乾燥した生姜、葛根、麻黄、海藻、ハチノス、蟹
セミ、ナメクジ、テントウ虫・・・等、120種


【下品】 
治病薬(治療目的)
病気を治す為に用いる。
毒が含まれるので長期服用不可。

トリカブト、大黄、桔梗、ムササビ、ヒキガエル、ミミズ
ナメクジ、ヒル、ホタル・・・等、125種



【上品】【中品】には、現在、漢方薬として使われている薬草も多く、古代中国でここまで研究が進んでいた事にびっくりです。


神農本草経の中でクコは「長くの飲めば老いる事はない」とされています。
つまりは長寿の薬、アンチエイジングフードというわけですね。
【上品】120種の中でも、このように書かれている薬物はそんなに多くありません。
さらに、手軽に摂取できるものとなると、かなり少なくなります。

その数少ないアンチエイジングフードがこちら。


クコ   霊芝  ハスの根茎(レンコン)  黒ゴマ  カボチャの種


結構、意外な食物も入ってます。
クコや霊芝、黒ゴマあたりは分かりますが、レンコンやカボチャの種も評価が高いんですね。
しかも、どちらも簡単に手に入るのが嬉しい。

竹田千継のようにクコ風呂に入るとはいかないけれど、意識してみてもいいかもしれません。


ー東洋医学

101歳まで生きた薬学者 竹田千継

2012年09月25日
文徳天皇に命じられて宮廷薬草園でクコを栽培し、101歳まで長生きした薬学者、竹田千継の話が色々な意味で興味深かったので、ちょっとご紹介。


竹田千継は平安時代のお医者さん、17歳で典薬寮(医薬局)に入って医者になります。
古代中国の薬学書「神農本草書」を読んでクコの薬効に感動し、それ以後、クコを常用するようになりました。
自らクコを栽培し、春と夏には葉を、秋と冬には茎根を食べ、クコ茶やクコ酒はもちろん、煮汁をお風呂に使うなど、とにかくクコ三昧の日々を17歳から毎日続けたそうです。

すると、70歳を過ぎてもいたって健康で、髪は黒くて肌は艶やか、まるで少年のように輝いていました。

855年(斉衡2)文徳天皇が病気で悩まれていたとき、竹田千継は天皇にクコの服用を勧めます。
この時、千継は97歳でしたが、相変わらず髪は黒く、しわのないつやのある肌、目も耳もしっかりしていて、歯も全部揃っていました。
天皇はその姿にびっくりし、早速、薬草園でのクコの栽培、管理の役目を千継に任せます。
さらに、側近として左馬寮允にも任命しました。

このため、千継は非常に忙しくなり、今までのようにクコ三昧の日々というわけにはいかなくなってしまいます。
活力の元であったクコを摂取する暇がなくなり、たった2年ですっかり老人の姿に。
髪は真っ白で杖が無くては歩けないほど衰弱し、ついには死んでしまいます。

貞観2年、101歳(102歳という説もある)でした。



チ、チーン……

クコの効能のすごさを物語る逸話なのですが、それよりも、千継の最後が哀れというかなんというか。
役職になんて就かなければ、もっと長生きできただろうに。

ストレスのない生活も大切、という教訓も含まれた話でした。


ー東洋医学

皇帝にも献上された長寿の源 クコの実

2012年09月21日
IMG_2395_convert_20121114144759.jpg
クコの実茶


シンガポールで大量に購入したクコの実は、クコ茶として飲んでいます。

さすが枸杞王、とっても甘いです。
さらに薔薇のつぼみも加えれば、香りも楽しめて。
枸杞+薔薇なんて、かなり美容に良さそう(」*´∇`)」


クコは、中国では不老長寿や精力増強の漢方薬として古くから珍重されてきました。
その歴史はなんと紀元前にまでさかのぼり、春秋時代(紀元前770〜紀元前475)に、山でクコの実を摘んでいたという記録が残っています。
唐代(618~907)には栽培が始まり、明代(1368~1644)の弘治皇帝の頃には皇帝に献上されていました。

日本には平安時代に伝わり、天皇や貴族から平民まで、広く親しまれるようになりました。
文徳天皇は、クコを栽培する専門の薬草園を持っていて、この薬草園を管理していた薬学者は、なんと101歳まで生きたそうです。



【クコの実の成分と効果・効能】
☆18種類のアミノ酸

☆11種類の必須ミネラル
(鉄、亜鉛、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リンなど)

☆22種類の微量ミネラル

☆6種類のビタミン
(特にB1、B2、C)

☆リノール酸
コレステロール値や血圧を下げる、動脈硬化の予防

☆5種類のカロテノイド
(ベータカロチン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチン、クリプトキサンチン)
免疫強化、抗酸化作用、抗ガン作用、眼病予防、視力の改善、老化の抑制、美肌効果

☆多数のポリフェノール
抗酸化作用

☆植物ステロール
コレステロール値の低下、排尿障害の改善

☆多糖類
解毒効果、免疫強化

造血作用、肝臓強化、抗脂肪肝作用、美肌効果、老化予防、精力回復、疲労した神経を整える作用



調べてみると、小さいながらもかなりの薬効があります。

なかでも中国の寧夏産は最も質が良く、1983年には中国国家衛生部が寧夏産のクコを「食品であり薬品でもある」と位置づけました。

寧夏産クコがすごいのは、天然のアンチオキシダント(抗酸化物質)を非常に多く含み、グルタチオン濃度を増加させる働きがあるところです。
グルタチオンとは、人間が体内でつくりだす抗酸化物質のことで、もっとも重要な働きをする抗酸化物質といわれていますが、加齢によって生産レベルが減少してしまいます。
体内のグルタチオン濃度を高レベルで保つのは、健康と美しさを保つ大切なポイントです。

また、アメリカ・タフツ大学の研究によると、様々な食品の活性酸素除去能力を測定したところ、測定された食品の中で、寧夏産のクコが一番高い数値を記録したそうです。

中国の歴代皇帝が愛用したのも、寧夏産のクコでした。
現在、17種類のクコがあるそうですが、寧夏産のクコと他の品種ではかなり効果が変わってきます。

クコを購入するときは、寧夏産がオススメです!


ー東洋医学

シンガポールのお買い物

2012年09月15日
多民族国家のシンガポールは、狭い国土の中に様々な国の文化が共存しています。



IMG_2153_convert_20121115123420.jpg



チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリート、カトン・・・
日本で言うなら中華街のような感じで、そのエリアだけ別の国のよう。
その国の文化、宗教、衣食住がギュッと凝縮されています。


IMG_2156_convert_20121115122837.jpg



すべてをまわるのは無理だけど、絶対に行きたかった場所があって。



IMG_2172_convert_20121115123208.jpg



それは、チャイナタウン。

お目当ては漢方薬局。

こちらの漢方薬局は、日本と比べて生薬がすごく安い!
それも、ショッピング街にあるような観光客向けのお店ではなく、地元の人が日常的に訪れるようなお店の方が安くて面白いのです。

チャイナタウンへ入ると、何軒かの漢方薬局が、店先に生薬を並べて売っています。
店先にはむき出しのままの生薬がザルに盛られて並び、店の奥では処方箋に合わせて選別したり調合したりする漢方師の姿が。楽しい〜〜。
残念ながら、ゆっくりしている時間はなかったので、欲しいものだけをぱぱっと買って店を後にしました。


今回、購入したのは…

クコの実(枸杞王) 500gで約900円
薔薇茶 100gで約400円
他、中国茶各種

とにかく安いな!

中国産のクコの実は、中国政府が決めた国家基準によって等級が決められています。
乙級、甲級、特急、特優級、枸杞王、貢果の6等級があるのですが、このうち、貢果等級は年間ごく少数しか生産されず、主に献上品や贈答品として使われるので一般的にはあまり出回らないそうです。
等級が上がるほどに果肉が厚く、甘みが強くなります。

ということで、今回はお店で手に入る一番ランクの高い枸杞王を購入!
これ、かなり実が大きい。
こんなに大粒の枸杞は見た事ないかも。
日本の薬局では特急ランクが販売されているそうですが、枸杞王の大きさは2倍以上です。


薔薇茶は、要するに薔薇のつぼみを乾燥させたものですが、家に帰って袋をあけてびっくり。
まるで香水を振りまいたかのように、薔薇の香りがふわ〜〜っと立ちこめました。
その香りの強いこと強いこと。
カップに薔薇のつぼみを2つ入れてお湯を注ぐだけで、まるで薔薇の蒸留水を飲んでいるかのような香りがします。

いい買い物でした♪

ーお気に入り

隣の国からやってくる大気汚染

2012年09月12日
IMG_2276_convert_20121115122621.jpg


シンガポールの街中は、政府の対策が功を奏してとても清潔でしたが、大気までは管理できないみたいです。

二日目から最終日にかけて、晴れているのに曇っている、という不思議な空模様が続きました。
雲が広がっているわけではなく、霞がかっているような埃っぽいような…?
変な天気〜?と思っていたら。

原因は、HAZE(ヘイズ)でした。

ヘイズ とは、靄や霞などで視界が悪くなる大気現象のことで、その原因は微細な水滴のほか、黄砂、工業などの煤煙、スモッグ、山火事・焼畑などです。
シンガポールの場合は、お隣のインドネシアの森林火災や焼畑農業が原因だそう。
その煙がモンスーンに乗って、シンガポールやマレーシアまでやってくるのです。

シンガポールでは、大気汚染の状態を数値で表す「ヘイズ指数」というものがあります。

0 - 50 Good (良好)
51 - 100 Moderate (やや不良)
101 - 200 Unhealthy (不健康)
201 - 300 Very unhealthy (非常に不健康)
Above 300 Hazardous(危険)

私が滞在していた時はGoodの範囲だったと思いますが、それでも、目や鼻に若干の刺激を感じました。

ちなみに50を超えると、道を挟んだ向こうの樹木が霞んで見えて、100を超えると、学級閉鎖になるそうです。

インドや中国、香港の大気汚染がひどいとはよく言われますが、(特に香港!2011年の大気汚染指数は2005年の約5倍も悪化し、WHO基準では「危険」レベルだそう)シンガポールの空もキレイとは言いがたいようです。

空気が汚れ、水が汚れ、大地が汚れ…。
いつまで汚し続けるのでしょうね?


-旅行

Singapore

2012年09月11日
仕事でシンガポールに行ってきました。

想像以上に整備された都市でびっくりです。
まだまだあちこちで拡張工事をしていて、3年後、5年後はどうなっているのでしょう。


R0012825_convert_20121115121806.jpg



夜景も美しい。


-旅行

アナスタシアのエッセンシャルオイル

2012年09月04日
昨日、アナスタシア・ジャパンの晶子ちゃんと直子さんの3人でお蕎麦ランチをしました。

その時に貰ったシベリア杉のエッセンシャルオイルが、ものっっすごいエネルギーでびっくり。

手に取った瞬間から額がぐわ〜〜んとして、第三の目のあたりがジンジンジンジン…。
これ、本当に純粋なエッセンシャルオイルを手にした時に起こる、私的反応なんです。

これは間違いなく本物〜〜!!



_convert_20190614150435.jpg




************************************************

「シベリア杉の精油:それだけで完全な、健康に良い香水。
人工的なものではどんなものも、その芳香に勝るものはない。
シベリア杉のエーテル体は、それ自体が宇宙の意識。肉体を癒す力もあり、
ひとに害を及ぼすものへのバリアとしての役目も果たすことが、
シベリア杉のエーテル体にはできる。」
     ― 著書『共同の創造』より抜粋 ―

************************************************


アナスタシアの想いや叡智をシベリア杉がもつ力を通して、
みなさまの身体で感じ、心で受け取って頂ければと思います。
そして、その愛の波動が拡がりますことを願っています

■シベリア杉の葉・球果から作ったエッセンシャルオイル■

シベリア全域に広がるタイガは
「奥深い静かな森」としてロシアの人々に愛されています。
ここは世界遺産への登録活動が行われているほど
地球環境に大きな影響を与えている森。
手つかずの原生林には、
樹齢500年にも及ぶシベリア杉(学名:シベリアマツ)が生い茂り
太古から現在に至るまで
一度たりとも化学肥料や農薬などの影響下におかれたことはありません。

通常、パイン(松)の精油は、
針葉(松の葉)と球果(松かさ)を一緒に蒸留されることが多いのですが
このエッセンシャルオイルは、
針葉と球果を別々にして、
ひとつひとつ丁寧に手摘みした100%天然シベリア杉の葉や球果を
低温・低圧搾法にて心を込めて作っています。
最近の研究では、シックハウス症候群のホルムアルデヒドを
分解する作用があることもわかっています。

シベリアのタイガの森からの香りを心いくまでお愉しみください。

〜アナスタシア・ジャパンHPより〜



ーアナスタシア

お知らせ

2012年09月02日
9月5日〜9日までお休みとさせて頂きます。
この間、メールの返信などはできませんので、ご了承ください。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


-お知らせ
 | HOME |