FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

アフリカの貴公子

2012年03月29日
私の中でアフリカといえば、ピーター・ビアード様。
伝説的人物です。


1428_f1-40_convert_20120501170436.jpg


1938年にNYの上流階級に生まれ、エール大学の医学部を卒業。
イサク・デネセンの「アウト オブ アフリカ」(映画「愛と哀しみの果て」の原作)に衝撃をうけ、大学卒業後にアフリカに移住します。
それ以降、アフリカとNYを往き来しながら女優やモデルと恋愛を楽しみ、ミック・ジャガーやアンディ・ウォーホール、ケネディ家やロスチャイルド家など、世界各国のセレブをアフリカに招き親交を深めます。
大富豪の家に生まれ(といっても金銭感覚ゼロで常に借金がある)で、誰もが振り向く色男、それでもって超変人。

ケニアの大学生だったイマン(現・デビットボウイの奥様)をNYに連れてきてスーパーモデルに育てたり、上流階級の人々が集うハイソなパーティーにケニアの女性を連れて現れたり。

こう書くと単なるお金持ちのチャラ男のようですが、ビアードが世に知られるようになったのは、環境問題に対する取り組みがきっかけでした。

1964年から1965年にかけてツァヴォ国立公園で働きながら、象牙のために乱獲されるアフリカ像の死骸を写真に撮りまくり、白人探検家やハンターの入植によって変わりゆくアフリカの模様を記録します。
そして、像の死骸写真をベースに、アフリカの複雑な人間と動物の歴史を「THE END OF THE GAME」として出版します。
この本では300枚以上の写真が納められ、アフリカの野生動物の過去、現在、未来像を示しています。


ずっと絶版でしたが、2008年に再版になりました。
衝撃です。



The End of the Game: The Last Word from Paradise: a Pictoral Documentation of the Origins, History & Prospects of the Big Game in AfricaThe End of the Game: The Last Word from Paradise: a Pictoral Documentation of the Origins, History & Prospects of the Big Game in Africa
(2008/09)
Peter H. Beard

商品詳細を見る




コラージュ日記作家としても有名。

peter_beard_convert_20120501234441.jpg




ピーター・ビアードの冒険―優雅で野蛮な芸術家の半生ピーター・ビアードの冒険―優雅で野蛮な芸術家の半生
(1997/11)
ジョン バウワマスター

商品詳細を見る


この本の表紙、ワニに食われてます…。
どうしてこうなった??

PeterBeard_convert_20120501173220.jpg
ワニの生態の研究もしていたとか。


1998年に発売された「Peter Beard Scrapbooks From Africa and Beyond」というDVDには、撮影中にゾウに襲われて病院送りになる映像が収められています。
おそらく、60才前後の出来事ですよね。
危ないよ、ビアードさん…。





17_52-copy_convert_20120502205008.jpg



-本

木々が教えてくれた事

2012年03月28日
海外で暮らしている友人と、久しぶりに会いました。

彼女はセラピストでもあり、クリアサイト&ゲリースクールを受講した仲間でもあるので、会うといつも興味深い話で盛り上がります。

今回、面白かったのが、アフリカでの植物の話。


年末に、ご夫婦でアフリカ旅行に行った時の出来事。

マサイ族のドライバーを雇って、野性の動物を見るためにサバンナをドライブしたのですが、なかなかお目当ての動物に遭遇できなかったそうです。
鳥や草食動物はたくさん発見できても、豹などの肉食動物はなかなか見つけることが難しいようです。

そこで、彼女は近くに生えていた木々に、

「豹ってどこにいるの?」

と尋ねました。

すると、

「あっちだよ」

「この先をずっと進んで」

と、周りの植物たちが、次々と道を教えてくれました。

半信半疑のドライバーを説得して植物たちのいう通りに進んだところ、本当に豹のいる場所に辿り着いたそうです。

その時、同じエリア内には、同じような観光客を乗せた車が数台出ていたそうですが、他の車はたどり着く事が出来ず、彼女たちだけでゆっくりと豹の生態を観察して楽しむことができたそうです。


面白いですよね、植物に感謝です。

余談ですが、マサイ族の男性は細いのにメチャメチャ強いそうです。
肉食動物がマサイ族と遭遇すると、女子供だと襲われるのに男性だと襲ってこないらしい。
動物も分かるんですね。

でもって、シマウマのお尻は食べちゃいたいくらいにキュートだったとか。
↑これは絶対書いてねって言われたので(笑)


-植物、アロマ

祈り

2012年03月11日
祈りを送ります。


東北の人々に。

東北の動物達に。

東北の植物達に。

東北の大地に。


すべての存在に祈りが届きますように。



IMG_3076_convert_20120312200255.jpg



-日々の出来事

ロシアからメッセージ アナスタシア

2012年03月05日

Anastasia (The Ringing Cedars)Anastasia (The Ringing Cedars)
(2008/06/15)
Vladimir Megre

商品詳細を見る




シベリアの森の中で今も生活している女性「アナスタシア」

自然や動物と対話し、未来を予見し、テレパシーで交信する…それは、彼女にとっては当たり前の日常でした。
動物たちが持ってきてくれる果実や木の実を食べ、お風呂に入る代わりに川で水浴びをし、寒い日は熊と共に眠る…そんな奇跡のような生き方。

深い叡智から生き、歓びと安らぎで満ちている生活…。


この本がロシアで自費出版されると、次第に口コミで広がり、なんと一千万部という大ベストセラーとなります。
今では世界20ヶ国に翻訳され、多くの人に感銘を与え、ライフスタイルを見直すきっかけとなっているそうです。


こちらの本は、現在、日本でも翻訳作業が進んでいます。

実は、私の友人がこの翻訳に関わっていて、以前からアナスタシアについては色々と話を聞いていました。
ちょっとすぐには信じられないような部分もあるのですが、聞けば聞くほど素晴らしい内容で、この本が日本で出版され、多くの人に読まれたらどうなるのかとても楽しみでもあります。

出版は今年の秋?くらいでしょうか。

今から本当に楽しみです!!


ーアナスタシア

サイモントン療法、再び

2012年03月04日
先月、サイモントン療法のセミナーについて書きました。

サイモントン療法

このセミナーでサイモントン療法ってすごい…!と、感銘を受けた私は、今度はホリスティック医学協会が「サイモントン療法からみたスピリチュアリティとエネルギーケア」というセミナーを主催するという情報を得て、さっそく参加してきました。

前回の記事では、サイモントンの基本的な考え方と、どのようなワークをするのかをさらっと書いたので、今回はサイモントン博士が何故この療法を始めたのかについて書いていこうと思います。


CarlPT.jpg

カール・サイモントン (1942-2009)
放射線腫瘍医 心理社会腫瘍医

オレゴン医学大学卒業 放射線腫瘍科研修終了
カリフォルニア州 トラビス空軍基地医療センター主任放射線腫瘍科
癌カウンセリング研究所設立 (テキサス州)
サイモントン癌センター設立 (カリフォルニア州)

1960年代、癌の治療を行っていたサイモントン博士は、同じような年齢、症状の患者さんでも、治療の経過に大きく違いが出ることに気が付きます。
何故違いが出るのか、その違いは何処からくるのか…?
そんな疑問を抱いたサイモントン博士は、治療に来る患者さんを観察し続けた結果、それは患者本人が「希望」を抱いているかどうかの違いによるものだと考えました。
そして、治癒において「希望」と「信頼」が重要なキーワードになっていると結論を出します。

治療に心理療法を加え、患者の心の中に「希望」と「信頼」を抱かせる事で、病気の進行を遅らせたり、完全に治癒が起こったり、仮に死を迎えたとしても穏やかで質の高い最後を迎えられるというサイモントン博士の考え方は、60~70年代の医療業界では異端思想だとして、かなり批判されたようです。


1971年、サイモントン療法の患者さん第一号が誕生します。
この患者さんは、喉頭癌で余命2ヶ月と宣告され、医学的にはなす術がなく、つばを飲み込むのもやっと、という状態でした。
ここまできたら何でもやってやる!!という気持ちだったかどうかは分かりませんが、彼はサイモントン博士の考えを受け入れ、この療法を試すことにしました。
この患者さんは東洋哲学に精通し、気(Chi)のエネルギーが働くシステムを理解していました。このこともプラスに働いたのかもしれません。

6週間の治療プランを立て、サイモントン療法(主にイメージ療法と認知行動療法)と、高線量の放射線治療を平行して行いました。
病院では、放射線治療は病状が進行しすぎていて拒否されていたにも関わらず、です。

ところが、治療を初めて2週間後には固形物が食べられるようになり(「チキンレバーソテー!!」と叫びながら診察室に入ってきたとか)、そして4週間後には癌が消滅してしまったそうです。
しかも、放射線治療の副作用は一切出ませんでした。

これにより、サイモントン博士は心理療法は治療だけでなく、治療の副作用にも効果があると確信を持ちました。

もちろん、いつもこのような結果が得られる訳ではありません。
ですが、サイモントン博士が提唱する二つの大切なこと、「希望」と「信頼」は、病気のあるなしに関わらず、生活の質を高め、より良い人生へと導いてくれる大切なポイントだと思います。


「希望」とは何が悪いのかよりも何が良いかに焦点をあてて生活していく事。
「信頼」とは内なる叡智を発見し心の平安を得る事。


この二つを生活の中で意識的に取り入れている人は、一体どれだけいるのでしょう。
忙しい日々を過ごす現代人の多くは、大切だとは分かっていても、なかなか実践できないのが現状のような気がします。


サイモントン療法のセミナーに参加するたびに、本当に多くの気づきを得ます。
そして、この療法には私が今まで習ってきたセラピーやスピリチュアルのエッセンスが、ぎゅっと凝縮されて詰まっています。
癌という究極の病に対峙した時、本当に大切なことが浮き彫りになってくるのかもしれませんね。



サイモントン療法HP
-その他のセラピー

AEN 自由が丘の野菜の美味しいお店

2012年03月02日
自由が丘のお気に入りのお店紹介。

ランチでよく行くお店「AEN」
旬の野菜を使った健康的なお料理が得意なお店です。

ここの野菜の元気のいいこと!ツヤツヤピカピカしています。
まさに元気の出るごはん。
食材と調味料にはかなりこだわっているそうです。



桜山豚の薄切りカツランチ


桜山豚は、脂がさっぱりとしていて臭みがなく、豚肉が苦手な私でも美味しく頂けます。

かなり人気のあるお店のようで、満席で入れない事もしばしば。
時間を考えて行くことをお勧めします。


AEN~あえん~自由が丘店


ー美味しいもの
 | HOME |