FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

ピンクスライム肉?

2012年02月09日
食の安全って何でしょうね?

今、アメリカで話題になっているピンクスライム。
もう何年も前からアメリカのスーパーで売られている挽肉のほとんど全てと、学校給食で使われる挽肉にピンクスライムが含まれているそうです。

また、ファーストフードのハンバーガーパテや冷凍食品、缶詰の挽肉にも含まれていて、ということは、輸入食品にも当然混ざっていますよね。

食べ物の形をした食べ物でないものが増えています。



マクドナルドは安いしおいしいし、とっても便利。
ハッピーで健康的なCMの効果もあって、世界中に愛されるナンバーワン・ハンバーガーショップであるといっても過言ではない。
そんななか、アメリカマクドナルド社がこの度、ある決断をしました。

「食の安全のため、ピンクスライム肉の使用を中止します」

ん? 食の安全を守るのは良い事ですが、ピンクスライム肉っていったい何なの?

海外サイト『msnbc.com』によると、イギリス人料理家のジェイミー・オリバー氏がピンクスライム肉に詳しいとのこと。
オリバー氏は「ピンクスライム肉使用禁止キャンペーン」と題して放送したテレビ番組内で、ピンクスライム肉の製法を解説しています。


まず用意するものは安い肉。
犬や家畜のえさ用で人間の食用とならない「くず肉」なのだそうです。

海外サイトの記事によると、それを洗濯機に入れてきれいに洗い、家庭用洗剤や肥料として使われているアンモニアにつけて消毒し、病原菌の増殖を防ぐそうです。
そして、これをミンチにしてから食品添加物で味を付けて完成。
ピンクスライム肉のできあがり。

ゾゾゾ……。
これが本当ならば、米国マクドナルドのハンバーガーは……、正直ちょっとビックリですね。
オリバー氏の主張によると、このピンクスライム肉はマクドナルドだけでなく、海外の学校給食など、さまざまな場所で提供されているのだとか。

米国マクドナルド社は、ピンクスライム肉の使用中止はオリバー氏の活動とは関係ないと主張しているようですが、彼の番組がアメリカ国内で大きな反響を起こしたのは明らか。
また、大手ファストフードチェーン店の『タコベル』や『バーガーキング』もこのピンクスライム肉の使用を中止したそうです。

日本の食品でも、混ざってしまえば「加工肉」や「加工品」としか表示されず、どんな材料が入っているかわからない食品がたくさんあります。
コンビニやファストフード店がたくさん出没して便利になった分、食の安全は自分たちで守っていく必要がありそうです。

 

http://youpouch.com/2012/02/07/53351/


-栄養
 | HOME |