FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

現代人のストレス対策

2012年01月31日
定例勉強会では「うつにならないためのセルフサポートコーチング」を精神科医の奥田弘美先生に指導していただきました。

セルフサポートコーチングとは、元々はコーチングの指導者が、自分自身の状態をポジティブに保つ為に行う「セルフコーチング」という手法に、奥田先生が精神科医としての医療知識を融合させて作り上げたもので、自分自身とコミュニケーションを取り、ストレスケアをしながら自己実現をしていくためのスキルです。


現代人にストレスケアは必要不可欠です。

IT産業の発達によってライフスタイルが変化した結果、新しいタイプのストレスが激増してきました。
コンピューターに接することで生まれる肉体的、精神的な疲れや、24時間同じスピードで仕事が出来るOFFの喪失、PCや携帯ゲームによる生活リズムの乱れなどが、脳内ホルモンのバランスを崩す新たな原因となっています。

脳ストレスによって脳機能が低下し、セロトニンやアドレナリンの分泌が不足すると、うつが引き起こされます。

また、生活に加えられるあらゆる変化も、ストレスの原因となります。
進学や結婚、昇進、家の新築など、一見良いことのように見えますが、生活の大きな変化はストレスとなる可能性があります。

心のストレスも体のストレスも体内では同じように働き、脳や体のエネルギーを消費します。
ストレスが続くと誰でもうつになる可能性がありますし、うつを治療しないで放っておくと重症化することもあるため、セルフケアがとても大切になってくるのです。



~セルフサポートコーチングによる5つのストレスケア~


1)今の自分の状態を知る。

自分が楽しかったり、充実したり、リラックスすること(エネルギーが上がること)、反対にストレスを感じるとこと(エネルギーレベルが下がること)は何かを挙げる。
今の自分のエネルギーレベルが何%くらいなのか、直感で答える。


2)自分のストレスサインを自覚して、ストレスに対して早期発見、早期対応を心がける。

自分にストレスがかかった時に、肉体面・精神面・行動面にどんな変化が現れるのかを、過去のストレス史を振り返って書き出してみる。
ストレスサインが出現したら、ストレスの元を排除する(距離をおく)、体の疲れをとる、余分な生活の変化をさける、「ねばならない」を減らして「~したい」を優先させる、断る勇気をもつ…などの対応をとる。


3)自分が幸せに感じることを日々の生活に取り入れて、エネルギー充電をはかる。

こまめに心のエネルギー充電をする。
ポイントは、自分一人で手軽に出来て、特別なお金やシチュエーションが要らないこと。
例えば、良い香りのバスオイルを入れたお風呂にゆったりと浸かる、カフェで美味しいランチを食べる、お気に入りのCDを聞きながら一緒に歌う…など。


4)健康・仕事・プライベート・お金・人間関係の5つのライフワークバランスを整える。

この5つのバランスが悪いと、どこかに依存している状態です。
例えば、ワーカーホリックでお金は稼いでいるけれど、友人が少なくて食生活も悪いと、仕事がうまく行かなくなった時にうつになりやすい。
一番バランスの悪い所をアップさせれば、相乗効果で全体的にアップしていきます。


5)栄養と睡眠で心の体力をつける。

心と脳の働きには深い関係があります。
脳のエネルギーは栄養素から作り出されるので、心のエネルギーアップには体の栄養&休息が大切です。
バランスの良い食事を心がけ、ストレスレベルが高い時はコーヒー、紅茶、緑茶、アルコール、甘いものを避ける。
また、脳の休息は睡眠中だけです、質の良い睡眠を6時間以上が理想的。



これら5つのケアは、どれも手軽で簡単に出来るものばかり。

特に、1)の今どんな状態なのかを正確に把握しておくことはとても大切です。
仕事の状況把握は得意でも、自分の疲れには気がついていない人って多いのではないでしょうか。
でも、自分を顧みない、自分に優しく接していないことが、ストレスの一番の原因だと思います。

エネルギーレベルチェックを常に行って、それに合わせて日々のスケジュールを調整していけば、一時的にストレスの多い時期を過ごしても、簡単なケアで回復させることが出来ます。


このセルフケアを、ぜひ日々の生活に取り入れて、ストレスを上手にコントロールする術を身につけて下さいね。


-その他のセラピー

定例一日勉強会

2012年01月29日
先日、融合医療研究会の定例一日勉強会に出席してきました。

今回のテーマは「うつ」

最近、うつの方が増えていますよね。

うつは、しばらくストレスから離れて静かにしていれば元気になるレベルから、他人と接触することが難しくなるレベルまで様々ですが、前者のいわゆる「プチうつ」状態を経験したことのある方は、かなりいるのではないでしょうか。

誰でも人生を送るなかで、イライラしたり、落ち込んだり、悲しいことに遭遇すると思います。
ほとんどの場合は、自分で感情に折り合いをつけて立ち直っていくのですが、立ち直るのに非常に長い時間かかったり、自分一人の力では立ち直れなくなることもありますよね。

そうなってしまった時には、それなりのアプローチがあるのですが、今回は、そうならないように心がけておくと良いこと、心マネジメント術の方法です。

うつにならないためのセルフケアの方法を精神科医で作家の奥田弘美先生に、がん患者に対するサイモントン療法のアプローチ(がんの方はうつになるケースが多いのです)を、サイモントン療法認定トレーナーの川畑伸子先生から教えていただきました。

どちらもとても密度の濃い内容で、すぐに実践できることから様々な症例まで、惜しみなくレクチャーして下さいました。

ありがとうございます!


次回は、日常で使えるセルフケアの方法と、講義を聞いて私が感じたことなどを紹介したいと思います。


-その他のセラピー

トラヴェルズ

2012年01月26日
ジェラシックパークやERなどの大ベストセラー作家であり、映画監督、脚本家でもあるマイクル・クライトンの自伝小説。



トラヴェルズ―旅、心の軌跡〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)トラヴェルズ―旅、心の軌跡〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
(2000/11)
マイクル クライトン

商品詳細を見る




トラヴェルズ―旅、心の軌跡〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)トラヴェルズ―旅、心の軌跡〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
(2000/11)
マイクル クライトン

商品詳細を見る



マイクル・クライトンは、ハーバード大で人類学と医学を学び、生物学研究所の研究員を経て作家になります。
この本は、学生時代の葛藤や作家になるまでの道のり、作家として大成功してからスピリチュアルな道を模索していく旅の記録です。

クライトンは精神世界に興味を持ってから、半信半疑ながらも世界中のワークショップに参加し、様々な神秘体験を経験します。それらの出来事に戸惑い、抵抗し、考え、受け入れていく過程が詳細に綴られていて、とても興味深いです。

例えば、オーラを形而上学の錯覚だと考えていた著者が、初めて人のオーラを感知した時のエピソード。


そして突然、私はパニックに教われた。こんなことがあるはずがないと思った。説明がつかなかった。

あり得ないことなのに、とにかく起きていた。
自分の経験をどう解釈すればいいかわからなかった。
自分が狂っているとは思わなかった。
このぬくもりの輪郭は間違いなく感じることが出来た。
手をお湯につっこんだときそれを感じることができるように、はっきりと。
誰だって自分が手をお湯にいれているかいないかはわかる。
間違えようがない。
それは物理的現象なのだ。
たとえお湯というものを信じなくても、手はぬくもり、濡れる。

いま私が感じているものは、どこもかしこも明確で、曖昧さがなかった。

だがそれが何であるかは見当がつかなかった。
わたしは必死で説明をつけようとした。
だが説明がつかないということはわかっていた。
だから私は諦めた。
それは説明のつかない、再現可能な現象なのだった。
わたしの知る限り、誰も説明できなかった。
だが、それは現実だった。

わたしのものの見方にひびがはいった。
この経験を受け入れざるを得ず、だからわたしは受け入れた。




ハーバード大学首席卒業というアカデミックな背景を持つ割に、知性で解決出来ない現象に遭遇した時の対応は、動揺しつつも柔軟です。
私は神秘体験をしても、知性は動員させず(何も考えていないだけともいえますが)、割と淡々と受け入れてきたタイプなので、こういう風に考えるのね…と面白かったです。
結局、頭で考えても分からないことがある、と気がつけば、その先は体験を受け入れざるを得ないのでしょうね。

エネルギーを見たり、サボテンと交流したり(このエピソードすごく好きです)、過去世を思い出したり、悪魔払いをされたり…。
こういった経験を通して、意識にはさまざまな次元があり、いまだ理解されていないエネルギーが存在する事を知るようになります。

クライトンは最終的にこう締めくくっています。



人は生来、変化することに対して抵抗をおぼえる。
われわれはみな、結局は自分の生活を狭める、しかし破ることのむずかしいパターンと習慣に陥るものなのだ。
リルケはこういう問題を、次のようなシンプルな言葉で述べている_________

君が何者であれ、ある夜、
よく知ったわが家から一歩踏み出したまえ。
巨大な空間が近くに…



まさに、その通りだと思います。

自分のパターンや習慣がいかに人生を縛っているのかに気がつき、変化を起こすことは本当に大変です。
ですがその結果、自分の魂に触れ、自由に人生を創造していく事が出来るのだと思います。

ちなみに、この本にゲリーが登場します。
悪魔払いを行った人です。



-本

奥の深い神社道

2012年01月15日
神社…日本古来の神々が祭られている祭祀施設。
ここ数年は、スピリチュアルスポットとして人気ですね。

私は、神社についてはあまり詳しくありません。
参拝に行って一番心ひかれるのは神様よりも狛犬ですし、旅行のついでに神社に立ち寄る事はあっても、神社を目的として出向くのは初詣くらいです。

お友達の神社研究家の道子さんは、全国の神社を巡って考察を続けている熱心な研究家さん。

彼女の開くワークショップでは、毎回テーマを決めて神社に関する知識を深めたり、神社とつながりを深めてエネルギーをもらったり…様々な面白い事が行われています。

今回も、興味深い神社ワークショップが開催されるそうです。
神社好きの方はぜひどうぞ。


______________________________________



【日本の神様ワークショップ・縁結び編】

縁結びのご利益で有名な神社はたくさんありますね。
では、なぜ「縁結びのご利益がある」といわれるのでしょうか?
その答えを握るのが、神社に祀られている神様、「御祭神」です。

~主な内容~
縁結びの御利益があるとされる神社に祀られている代表的な神様のプロフィールの紹介
祀られている神社の例と解説
「日本の神様カード」を使ったカードリーディング  

恋愛だけでなく、仕事をはじめ、何事においても「ご縁」は大切ですよね。
皆様からのお申込み、お待ちしております!

日時  1月21日(土)15時~17時
費用  4,000円(お茶・お土産・カードリーディング込み)
場所  サロン・ド・吉田荘     
    ※最寄駅は、西武池袋線中村橋駅です
    (お申し込みくださった方に、詳細は別途ご連絡します)。
募集人数  5名
 


【日本の神様ワークショップ・ 月読命編】

天照大御神・素戔嗚尊と並ぶ「三貴子」の一柱である、月読命。
ミステリアスな存在である月読命と、月にまつわる石や香りと親しむワークショップです。

~内容~
 月読命が祀られている神社について
 月とかかわりの深い天然石と親しむ
 月の香りを作ってみよう【エッセンシャルオイルを使った香りづくり】
 日本の神様カード・プチリーディング


日時  1月28日(土)15時~17時
※28日以外のご希望の日時でも開催いたします。お気軽にお問い合わせください。
費用  4,000円(お茶・お土産・カードリーディング込み)
場所  サロン・ド・吉田荘     
    ※最寄駅は、西武池袋線中村橋駅です
    (お申し込みくださった方に、詳細は別途ご連絡します)。
募集人数  5名


お問い合わせ・お申し込みはこちら
道子のシンプル神社道

メールフォームかliberaway@gmail.com あて
又はプチメからお願いします。



-その他

脳と手相の関係性

2012年01月13日
先日、出席した脳科学セミナーで面白い話を聞きました。

人間の手の平や足の裏からは、脳の活性情報が読み取れるのだそうです。

例えば、手のひらのある部分は脳のある部分と対応しており(反射区)、体温の高い所に対応している脳の部分は、他と比べて活性化しています。
体温の高いところと高いところの間はタンパク質がかたくなるので線ができて、これが手相と言われるものになります。

脳の働きは思考の傾向性と関係しています。
ですから、手相からその人の性格をある程度割り出す事が可能なのですね。

手相が変わるという事は思考パターンが変わった事を表し、思考パターンが変われば行動も変わるので、物事も変化していきます。
そう考えると、大げさな言い方かもしれませんが、手相で今後の人生の流れを、ある程度は読み解く事もできるのでしょう。
今のままの思考パターンでいけば、という前提になりますが。

私は手相がしょっちゅう変化するので不思議に思っていたのですが、これは思考パターンの変化が激しい、という事なのでしょうか。

この研究が進めば、手相のシステムが科学的に証明される日が来るのかもしれませんね。


-その他のセラピー

ソウルリトリーバル

2012年01月10日
今月はノウイングスクールのゲリーさんが来日する月です。

クラスの内容はヒーリング部門に突入して、ここで一発、超強烈なリチュアルに取り組みます。


その名も「ソウルリトリーバル」


元々は、ネイティブアメリカンが魂を取り戻すために行う儀式らしいのですが、奥に潜む葛藤を一気に解放してしまうパワフルなヒーリングです。
スクールではヒーリー(受け手)一人に対して、ヒーラー2名と、さらにその周りをサポートが5名ほど取り囲んで行います。

ヒーリーは別名「犠牲者」(笑)と呼ばれるくらい、過酷なヒーリング。
今まで、様々なワークを受けてきたけれど、間違いなくこれが一番強烈。
3期で受けた時は、あまりの衝撃に、その後数日間は頭が混乱して思考がフリーズしていました。

卒業後に仲間に頼んで1回やってもらったので、今回は3回目。
さすがに3回目という事もあって、随分とリラックスして受ける事ができました。
ですが、慣れた分だけ感情が動きやすいのか、今までで一番、深い部分が刺激されて奥の奥からエネルギーが湧き出てきた感じがします。

途中、ゲリーが何度か来てサポートしてくれましたが、声をかけられるたびに感情が沸き上がって、涙が止まりませんでした。

にしても、その時言われた内容は、まったく予想外だったのでびっくりです。

潜在意識にある葛藤を、顕在意識では認識できないって本当ですね。

あ~ぁ、まだまだ奥は深い。


ースクール

必ず立ち寄る場所

2012年01月03日
天台宗 青蓮院門跡
京都に行くと、ここに必ず行きたくなります。


IMG_0097_convert_20121117003117.jpg



お庭が落ち着きます。



IMG_0090_convert_20121117003452.jpg


-旅行

京都に初詣

2012年01月02日

IMG_0104_convert_20121117002256.jpg



元旦、急に思い立って、京都の八坂神社に初詣してきました。

久しぶりの京都は、相変わらず大勢の人で賑わっていました。
底冷えする市内を電車でまわり、神社やお寺に参拝してお正月気分を満喫します。

私は京都に行くと、なぜかいつも調子を崩します。
熱を出したり、怪我をしたり、同行者と喧嘩したり。
(それもびっくりするくらいくだらない事で!)

本当に、今だかつて最初から最後まで、円滑に旅行できた試しがないのです。
何か起こるたびに、京都の呪術にやられた~!と思うのですが、この案に同意してくれる人はあまりいません。
京の都は古の仕掛けがあちこちに残ってて、まだ効力を失っていない感じがしますけどね。
まあ、単に相性が合わないだけかもしれませんが。


-旅行

謹賀新年

2012年01月01日
明けましておめでとうございます。

2012年が幕を明けましたね!
自由と喜びに満ちあふれた年にしたいですね。

AROMALEも今年で5周年を迎えました。
これもいつも応援してくださる皆様のおかげです。
この5年間、多くの素敵な出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。
今後もさらなる飛躍を目指して、精進していきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。


-日々の出来事
 | HOME |