FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

フェイシャルリフレクソロジーにおける不妊ケア

2009年01月30日
では、フェイシャルリフレクソロジーでは、不妊に対してどのように働きかけていくのでしょうか。


基本的に、考え方はいつも同じです。
クライアントさんの不妊の原因がどこにあるのかを、東洋医学的、中枢神経的、内分泌腺の3方向から突き止めて、それぞれにアプローチしていく。

特に、どこの内分泌腺から不調が始まったのか、下垂体?視床下部?甲状腺?副腎?卵巣や精巣?
これを見極めることが大切です。
不妊といっても、一人一人原因はまったく違います。
不妊だから卵巣にトラブルがあるのだろう、という考え方ではないのです。

他にも、ビタミン療法や栄養療法、アミノ酸療法などと組み合わせてトリートメントしていきます。

ホルモンが乱れは、大抵、感情からきています。
フェイシャルリフレクソロジーでは、感情の乱れを整え、ホルモンを正常化し、自然な妊娠をサポートしていくのです。

ちなみに、不妊ケアの場合、かならずご夫婦でトリートメントを受けてもらいます。
夫婦二人の意識や健康状態は、子供にとって、肉体的にもエネルギー的にとても重要だからです。


不妊治療をするほどではないけれど、自然妊娠したい方、健康な赤ちゃんを授かりたい方、将来スムーズに妊娠したい方は、早いうちからフェイシャルリフレクソロジーを受けて体の状態を整えておくといいと思います。


次は、エネルギー的に見た時、不妊の原因となっているものは何なのか、について書きたいと思います。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

不妊ケアについて

2009年01月29日
次は不妊について。

フェイシャルリフレクソロジーでは、不妊ケア専門のトリートメントがあります。
デンマークでは、FRで不妊治療を行う専門クリニックができて、なかなか良い結果を残しているそうですが、残念ながら、そのコースはまだ日本で開催されていません。

今回は不妊ケアのプレコースという事で、不妊治療の現状や、不妊治療が身体にどう影響をおよぼすのか、フェイシャルリフレクソロジーでのケアのやり方など、色々と教えていただけました。


ロネによると、ここ10年で不妊になやむ人が飛躍的に増えているそうです。
あまりにいきなり数が増えすぎて、統計が取れないほどだと。
需要が高まったことをうけ、不妊治療を行う病院も急激に増えました。
しかし、同時に、障害を抱えて生まれてくる子供も急増したそうです。

ロネがケアした障害児の10人中7人は、なんと、不妊治療で生まれてきた子供だったそうです。


西洋医学の不妊治療は、精神的・肉体的にかなり負担をかけます。

不妊に悩む人は、ホルモンバランスが崩れています。
そのバランスが崩れた原因を見つけ、ナチュラルな方法で、改善を促すようにケアすればいいのですが、ほとんどの病院は、ホルモンさえ整えば良いとばかりに様々な薬を投与して治療します。

不妊というのは、あくまで「症状」です。
その根本的な原因を解消しないまま、ただ子供ができればいい、という考え方で、ほんとうに健康的な赤ちゃんが産まれて来るのでしょうか?

疑問を感じます。


しかも、最近、学会では、

「不妊治療で授かった子供が大人になった時、生殖能力があるかどうかはわからない」

という発表があったそうです。

びっくりしました。
東洋医学的には、「生殖能力は低い」と言われているそうです。
もちろん、「完全にない」といっている訳ではないのですが。
それにしても、ショッキングな発表です。

ヨーロッパと違って、日本は東洋医学が根付いているので、不妊治療を行う病院でも鍼や漢方を使うなど、東洋医学的アプローチを取り入れている所が多いのがありがたいところ。


さて、次回は、フェイシャルリフレクソロジーでは、不妊に対してどうケアしていくのか?
を書きたいと思います。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

足の裏から中枢神経に働きかける

2009年01月23日
2日間の「コスモリフト」の次は、「3daysワークショップ」でした。

1日目、ニューロフットリフレクソロジー
2日目、不妊ケア
3日目、妊娠中、産後のケア


さて、初日は「ニューロフットリフレクソロジー」

いわゆる、一般的なフットリフレクソロジーというと、足裏の臓器の反射区に対してアプローチしていくものですが、「ニューロフットリフレクソロジー」はまったくの別物。
足裏の脊柱ラインから脊椎の不具合を探り、そこから中枢神経に刺激をおくることで改善を促すという、神経学に基づいたアプローチ方法です。

この脊髄ラインも、トラディショナルなフットリフレクソロジーとは位置が全然違う。
とても興味深い手技です。


フェイシャルリフレクソロジーの良いところは、医師団と組んで研究しているため、医学的にとことん研究・解明されているところ。
そして、ものすごい数のデータを集めているところ。

このニューロフットも、もともとは紀元前から行われていた技術をアレンジしたものですが、どこのポイントが、どの神経と結びついているのかを1つ1つ調べていくという、気の遠くなるようなリサーチの結果できあがったそうです。

執念ともいえるような研究結果を、世界中のセラピスト達にこうして開放してくれるのは、本当にありがたい事だと思います。


今の私の頭の中は「神経」でいっぱいです。

去年のコロンリンクの時は「ホルモン」でしたが。

本当に少しずつですが、人体について理解できるようになってきました。
施術を重ねると同時に、知識も増やしていくことが大切だな~としみじみ思いました。

これからも、コツコツと知識と経験を積んでいきたいと思います。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

顔のたるみとシャンプー

2009年01月21日
ワークショップの中で、ミネラルについての話がありました。

ミネラルは口から取り入れるよりも皮膚から吸収させた方が吸収率が良い、という研究結果があるそうで、それなら、とロネさんがミネラル入りのシャンプーの開発を始めたそうです。
試作品が出来上がって、さっそくロネさんが使ったところ、なんと、若い頃に無防備に日焼けして出来た顔のしみが薄くなったらしいのです!

すごいですね、ミネラルパワー。
なんて感心しながら聞いていたのですが、よくよく考えればそれって、シャンプーの成分がお顔にそれだけ影響してるって事ですよね。

シャンプーの成分が頭皮の発毛に影響をあたえる、というのは分かりますが、顔にまでそんなに影響を及ぼしているとは思いませんでした。

でも、たしかに以前、普通のシャンプーから自然派シャンプーに変えたら、たるみが改善された気がすると、友達が話していたことがあります。

私は髪が長いので、ヘアケアはとにかく毛先を保護してくれるもの!
という視点で選んでいたのですが、この話を聞いて自然派シャンプーに切り替えてみようと思いました。


-身体

お顔のリフトアップ

2009年01月20日
「フェイシャルリフレクソロジー スペシャルトレーニングコース 2009」
昨日、無事終了しました。

まず、前半2日間は、お顔をとことんリフトアップさせるという「コスモリフト」のディプロマコース。
エステティックに自然療法を取り入れたトリートメントです。

お顔は内臓の反射区なので、しみやしわ、たるみを外からケアしてもそれは対処療法と同じ、一時的に改善されても、また同じトラブルを繰り返すだけ。
という事で、どの筋肉やゾーンにトラブルが出ているのかを見極め、関係している経絡、神経、内分泌すべてにアプローチする事で、単にリンパを流したり顔筋を刺激するだけでは得られない、おどろくような成果をあげることが出来る、という内容です。

だから、顔のリフトアップの為のセラピーなのですが、体が健康になって、感情のデトックスまで出来ちゃうんです。

カラーパンクチャーでも、経絡や反射区を利用して内側から改善することで美しくなりましょう、という「コスメティック」というクラスがあります。
「根本を改善する」という考え方としては同じなのですが、ただ、このロネのコースは「コスモリフト」というだけあって、とことん!お顔をリフトアップさせていきます。
そのため、筋肉にガッツリアプローチをかけます。

実は私、初日に受けた実習の影響で、次の日に全身筋肉痛になってしましました。

顔の筋肉と全身の筋肉はつながっているから、顔だけじゃなく体が筋肉痛になることもあるよ。

と、ロネに言われていたのですが、まさに、それです。
全身だるくてだるくて仕方ありませんでした。

にしても、顔をさわるのは面白い!

トリートメントの最中からどんどん顔の形が変わっていくので、やっていて本当に楽しいです!

練習をつんで、はやくサロンメニューに加えたいと思います。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

スペシャルトレーニングコース、始まりました

2009年01月15日
今日から5日間、フェイシャルリフレクソロジーのトレーニングコースが始まりました。

前半の2日間は「コスモリフト」といって、お顔のリフトアップコース。
表情筋、リンパ、経絡などから、リフトアップとアンチエイジングに働きかけていく方法を学びます。
さらに、感情のデトックスや、全身のエネルギー調整も同時に行っていくという、ロネ流エステティックコース。

普通のフェイシャルリフレクソロジーでさえ、小顔になった!とか肌の張りがよくなった!と、お客様から感想をいただくのですから、このスペシャルコースならいかほどの効果が得られるのかと、かなり期待しています。

後半3日間は、足の裏の脊髄反射区への集中的トリートメン方法と、不妊・妊娠に関しての3日間のワークショップ。

内容盛りだくさんの5日間です。


ロネのワークショップは、毎回ついていくのに精一杯。
今回はフェイシャルは慣れているから少しは楽じゃないかな?と思っていましたが、想像以上にダイナミックな手技が多くて、やっぱり大変でした。
ロネいわく、これは顔の筋トレのようなもの、人によっては受けた後で顔が筋肉痛になることもあるとか。
それって皮膚は大丈夫なの?
かえって、しわになったりしないの?
と、実習中はドキドキしながらやっていましたが、みごとに目はパッチリ、頬がすっきり、そして顔が軽くなっています。
本来の半分くらいの内容しか受けてないのに、ちゃんと結果が出ました。
ペアを組んだ相手の顔も、すっきり小顔になっています。
明日の実習時間も待ち遠しいです。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

月のリズム ダイエット編

2009年01月14日
ダイエットのタイミングも大切らしいよ。


満ちていく月の時(新月~満月)には、欠けていく月(満月~新月)のときより太りやすいのです。

満ちていく月の時期に、食事の習慣をよく観察してみてください。

逆に、欠けていく月のときは、普段より少々多く食べても平気です。
寝る前の食事でさえ、満ちていく月のときのように、身体に直接的には影響しません。

満月の日にダイエットを開始し、水曜と金曜に肉を避けるようにすれば比較的楽にやせられるでしょう。




ですって! (´Д`*)

-本

月のリズムと植物

2009年01月13日


月の癒し月の癒し
(1997/08)
ヨハンナ パウンガー、トーマス ポッペ 他

商品詳細を見る



数百年もの間、オーストリアのチロル地方で伝えられてきた「月のリズム」に関する内容で、 月のリズムがいかに人間の生活に影響を及ぼしているかを理解して、うまく生活に取り入れていきましょう、という内容です。

ここに、ハーブに関する記述があります。


「採集期
満月やさそり座の夜は、あらゆる薬草にとって理想的な採集期です。
満月の晩には、植物全体が活気をおびてきます。」



「これもまた、薬草に詳しい人々が、まわりからうさんくさい目で見られていた理由の一つに違いありません。
薬草を摘むため、しょっちゅう夜中に出歩いていたからです。」



たしかに怪しい…。

でも、現代でもシャーマンたちは、このような月のリズムに沿って植物たちと接しています。
彼らの調合するハーブの薬効は、信じられないレベルだとか。

きっと、こんなところも影響しているのでしょう。


-植物、アロマ

身体とコミュニケーションを取ってみよう

2009年01月09日
身体とコミュニケーションを取って、軽い不調を解消する方法を紹介したいと思います。
いくつかやり方はあるのですが、とっても簡単で、誰にでも出来る方法です。


1)部屋の照明を少し落として、リラックスできる空間を作ります。

2)好きな姿勢で座るか、横になって力を抜き、目を閉じます。
 
3)頭から順番に、凝っている場所や違和感を感じる場所がないかをチェックしていきます。

4)もし、肩がこっているようだったら、肩に話しかけてみます。
 
 「どうして凝ってるの?」
 「いつからこんなにかたくなっちゃったの?」
 答えが得られても得られなくても、優しく労わる様に話しかけてあげてください。

5)凝っている部分に手をあてて、手のぬくもりを伝えます。

6)手を当てたまま、自分の体に感謝します。
 
 「今まで気がついてあげられなくてごめんね」
 「頑張ってくれてありがとう」
 「もう楽になっても大丈夫だよ」
 
7)その部分が癒されていく所をイメージします。

8)違和感を感じる部分すべてに行います。


体に詳しい人ならば「僧帽筋さん」とか「脊柱起立筋さん」など、 ダイレクトに筋肉を指名するとより効果的です。
さらに、その筋肉を視覚的にイメージするとさらに効果的です。

同じ要領で、脂肪さんや内臓さんなど、体のあらゆる部分とコンタクトを取ることが出来ます。

上手く肉体とコミュニケーションが取れてくると、不調の原因や日常生活で改善するべき所が、ふっと思い浮かぶかもしれません。
原因はとっても意外な所にあったり、馬鹿馬鹿しい解決方法だったりするかもしれませんが、身体は嘘をつきませんから信じてあげてください。

寝る前に、ベットの中でやる事を日課にすると、とてもいいと思います。

面白いですよ、ぜひやってみてください。


-身体

明けましておめでとうございます

2009年01月03日
明けましておめでとうございます。

昨年は今まで生きてきた中で、もっとも充実した年でした。
多くの人との出会いもあり、幸せな一年でもありました。
本当にありがとうございます。


皆様、今年もよろしくお願いします。


-日々の出来事
 | HOME |