FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

肉体と感情のエネルギー

2008年04月25日
では、感情からのアプローチで肉体の病を癒すことはできるのか?

腎臓と怒りが関連しているのなら、怒りをコントロールできるようになれば、もしくは、肉体に溜め込んでいる怒りのエネルギーを解放すれば、腎臓機能も回復するのでしょうか。

それは可能だと思います。
(ある段階までは、という条件付きですが)

実際にそういったセラピーもあるし、効果もあります。
感情のエネルギーは、強烈に肉体に影響を及ぼします。


ですが、

怒りという感情のせいで腎臓がダメージを受けたからといって、発生源が怒りそのものとは限りません。

人間の脳はとても巧妙に、自分の本当の感情を隠します。
本当に感じていることとは別の代替感情を差し出すことがあるのです。

悲しみを感じたくなくて、怒りに変換させたり。
虚無感を紛らわせたくて、笑いに変えたり。

これは、自分を安心させるためであったり、守るためであったり。
もちろん、必要だから起こっているのですが。
ただ、これが続くと、体内でねじれ現象がおこります。

そんな人、結構多いかも。
自分の素直な感情を、ニュートラルに感じ取れる人は少ないです。

ですから、感情からと肉体からの両方のアプローチが有効なんですね。


ーエネルギー

フェイシャルリフレクソロジーで感情解放

2008年04月22日
以前も書きましたが、フェイシャルリフレクソロジーの特徴の一つに、感情に対しての働きかけが強いという点があります。

遺伝子疾患を除くほとんどの病気の原因は、感情(ストレス)から始まります。
臓器には感情のエネルギーが蓄積され、その蓄積されたエネルギーは、体の症状と密接な関係があります。

感情ー臓器ー内分泌(ホルモン)ー脊椎はつながっているので、感情は体のすべてに影響を及ぼすのです。

例えば、

怒りー腎臓ー副腎ー胸椎(3、4、5、6)

怒りの感情を溜め込んでいると、腎臓や副腎の機能が低下し、胸椎(3、4、5、6)を圧迫して、それに関する体の部分に影響を与えます。
(実際は、もっと他の要素も複雑に絡み合っているのですが、ここではざっくりといきます)

顔には、脳の感情に関する部分に対応するポイントが存在するので、フェイシャルリフレクソロジーではそのポイントを刺激する事により、蓄積されたエネルギーを解放させる事ができます。
このため、受け続けると、短気や心配症が治ったり、根深いトラウマが解消したりと、性格にも変化が現れることがよくあります。


フェイシャルリフレクソロジーは、感情のお掃除もできるセラピーなのです。

体と感情の関わりは、とても深くてとても重要。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

オーラを感じた人 2

2008年04月18日
レバナのオーラについて書きましたが、もう一人忘れられないエネルギーを感じた人がいます。

元ボクシング世界チャンピオンのモハメド・アリです。

学生時代にLAに遊びに行った時に、ロデオドライブをぷらぷらしていると、ちょうど彼が高級ブランド店から買い物を終えて、SPの人に囲まれながら出てきました。
お店の人に挨拶している間に、周りをファンが取り囲み、あっという間にすごい人だかりです。

小学生くらいの女の子が写真を撮ってもらった直後、今だ!とばかりに突撃し、

「一緒に写真とって下さい!」

とお願いすると、

「OK~」

と言って、肩を抱いてくれたんです。

その瞬間、ふわ~~~っと暖かい毛布にくるまれたような、優しい優しいエネルギーに包まれました。

彼の周りだけ、あきらかに何かが違っていました。

とっさに、 「これがオーラってやつだ!」と思った事を覚えています。

彼は病気が進行していて歩くがとてもゆっくりで、そばには車椅子が控えていました。
よく見ると手の震えもとまらない状態だったにも関わらず、エネルギーはパワフルでとても暖かく、握手をした手の力もしっかりとしていました。
そして、肩を抱かれただけで涙が出そうになるくらいに優しくて繊細で、とても不思議な感覚でした。


ちなみに、最初に彼を見た時、一緒にいた友達は、

「あれ、サイババじゃない?
 髪型とか似てるし。
 あの手から金とかだすんだよ!」

と、とんでもない事を言っていました…。

双方のファンに殺されそうな発言です。


ーエネルギー

レバナさん

2008年04月17日
私が今まで一番強烈なエネルギーを感じたのは、レバナ先生のセッションでした。

セッションが始まり、レバナの正面に座った途端、ピリピリピリピリピリ…と手のひらや足の裏に、軽い電気刺激のような感覚がはしりました。
その時は、ん??と感じる程度だったのですが。

セッションが進むにつれて、ピリピリ感がビリビリ感に変わり…。
手のひらや足の裏から、腕や足全体にまで広がっていき…。
1時間経つ頃には、足のつま先から太ももまで、まるで長時間正座をしていたかのように足全体がジンジンと痺れていました。


なんだこれ。

授業の時とは、気合の入り方が全然違う(笑)


レバナのオーラに反応したのだと思いますが、エネルギーの感じ方というのは人それぞれで、友達は風が吹いているように感じたそうです。

面白いですね。


ーエネルギー

プチアロマセミナーをしました

2008年04月16日
お客様からリクエストがあり、セルフケアの為のアロマセミナーを開催しました。

アロマの基本的な取り扱い方から、オイルを使ったセルフケアの方法、ブレンドオイルの使用法、あとは実際にいくつかワークをしてみたり。
3時間の予定だったのですが、あっという間に3時間オーバー!
まだまだ伝えたいことや、やってみたいことは沢山あったのですが、あまりに詰め込みすぎても疲れてしまうので、とりあえず、今回は基本的なことを中心にまとめてみました。

参加してくださったのは、ヒプノセラピストやアロマセラピスト、レイキヒーラーをしている方たちで、感性が鋭いので、反応が早くてエネルギーの変化も敏感に察知していました。  

自分に合うオイルも、こちらからアドバイスをしなくてもちゃんと選んでいたりして、普段から自分を見つめなおす、という作業をしている人は、自分にとって必要な物を選び取る能力が高いですね。 

ありがたいことに、とても喜んでもらえたようで、やっぱりアロマっていいなぁ、とエッセンシャルオイルの素晴らしさを改めて実感しました。


普段の生活の中で、身体や感情のバランスが崩れたときに、すぐに対処できるというのはとても大切なことだと思います。
快適な日々を送るためには、こまめなメンテナンスが必要です。 

例えば、風邪をひいたとき、ほとんどの人は薬を飲んで治すと思いますが、風邪をひく前に体の変化に気が付いて、アロマを使って体調を整えれば予防できるかもしれません。 
 
エッセンシャルオイルは、使い方さえ間違えなければ、肉体にも感情にもエネルギーにも、とても効果的に働く素晴らしいツールだと思います。
また、ハーブもエッセンシャルオイルにはない良さがあり、それらを組み合わせたら様々な症状に働きかけることが出来ます。

こういった事を、今後はセミナーを通じてもっと伝えていきたいと思っています。
ありがとうございました。


ーイベント・ワークショップ
 | HOME |