FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

頭は守りましょう

2010年06月16日
極端な情緒不安定や原因不明の症状など、病院で治療するほどではないけど生活する上でちょっと不便、という方に割と高い確率である共通点を見つけました。

それは、幼少期に頭をひどく打っているという事。

「頭を打つ」というのは、転んで頭をぶつけたというレベルではなく、高いところから頭から落ちて脳震盪を起こしたとか、強打ではないけれど何度も何度も頭の同じ部分を打った、などです。

子供のうちはまだ頭蓋骨が出来上がっておらず柔らかいので、大人よりも衝撃が脳に伝わりやすいのです。
頭を打った時は異常がなくて大丈夫だろうと思っていても、大人になってから様々な形で表面化してくる事はよくある事です。

このような方の頭の中は、エネルギーがごちゃごちゃしていて整理されていないような印象を受けます。
多分、脳の神経伝達物質の流れに滞りがあるため、余分なエネルギーが溜まってしまったりスムーズに流れなくなっているのかもしれません。


サロンでは、まず、頭の中の余分なエネルギーを抜いてスッキリさせてから、症状にあわせて対応している部位に、大脳皮質を通じて刺激を送ってバランスを整えていきます。

同時に、脳の働きを高めるような栄養素を積極的に取る事も大切です。

変化の度合いには個人差がありますが、何らかの改善がみられる事がほとんどです。

そして面白い事に、改善していくにつれて性格まで変わっていきます。
怒りっぽい性格だったのが、穏やかになったり、集中することが苦手がったのが、落ち着いて物事に取り組めるようになったり。

脳神経って大事なんだなぁ、とつくづく感じます。


ー脳
 | HOME |