FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

寄生虫駆除(パラサイトクレンズ)

2017年06月24日
インドから帰ってきて、ハーブを使った寄生虫駆除(パラサイトクレンズ)をしました。

これは、カナダ人の生化学者、ハラダ・R・クラーク博士が提唱したやり方で、彼女はがんの原因の一つは寄生虫であり、寄生虫を駆除することによって、がんを改善させることができると説いています。

このやり方が本当にがんに効くのかどうかは分かりませんが、寄生虫を駆除する方法としてはかなり強力。

寄生虫というのは繁殖力が強く、想像以上に健康に影響を与えます。

貧血や慢性疲労、胃腸のトラブルなどにも、寄生虫が関わってることがあるそうなので、アジアや衛生環境の悪い地域に長期滞在したことのある方は、一度やってみるといいかもしれません。



必ず!3種類のハーブを使います。

【ハーブ】
1)黒クルミのチンキ
成虫期の寄生虫を殺します。
黒クルミ
は、アメリカインディアンによって寄生虫駆除(抗バクテリア、抗ウィルス、抗真菌)に使われていました。 
緑色をした黒グルミの緑の外皮のチンキを使うことが大切です
黒いものは効果的ではありません。


2)ニガヨモギ
幼虫期の寄生虫を殺します。
不活発な消化機能を助ける働きと、駆虫効果があることで知られています。
胃酸の分泌と胆汁の生成を促します。 


3)クローブ
寄生虫の卵を除去します。
抗寄生虫、抗真菌、抗ウイルス、そして抗炎症効果をもつ。また痛みを取り除く効果もあります。 



【やり方】
・黒クルミの外殻のチンキ剤(水に入れて、食前や空腹時に飲む)

1日目 1回に1滴ずつ、一日4回

2日目 1回 2滴ずつ、一日4回

3日目 1回 3滴ずつ、一日4回

4日目 1回 4滴ずつ、一日4回



このやり方で、1回20滴、一日4回飲む事になるまで量を増やしていきます。 
その後の三ヶ月間は、一日一回、20滴を飲むようにします。 
途中で中断してしまったら、中断した時の量から再開します。


・
ニガヨモギ

1日目 夕食前に1カプセル

2日目 夕食前に2カプセル

3日目 夕食前に3カプセル



この方法で、14日まで飲む量を1カプセルずつ増やしていく。
(一度に全カプセル飲んでもよいし、一日に2、3回分けて飲んでもよい。) 
その後2日間、14カプセルを服用する。 
その後は、一週間に2回、14カプセルを継続的に飲みます。


・
クローブ(粉末をカプセルを入れる)

1日目 一日三回、食前1カプセル

2日目 一日三回、食前2カプセル

3日目~10日目 一日三回、食前3カプセル

11日目以降は、三ヶ月にわたって、一日一回3カプセルを服用する。
その後は一週間に2回、3カプセル飲みます。 


ハーブの品質には、注意してください。
香りがとんでいるものは、薬効がなくなっている可能性があります。
クローブは粉末を購入するのではなく、自分でミルで挽くのが一番確実です。
かなり気合いがいりますけどね。


ハーブのサプリメントはiHerbさんで購入できます。
iHerb



ーデトックス

子供のトラブル

2017年06月03日
ロネさんがいつも話す事ですが、ここ10年間で脳障害、発達障害、ADHDなど、様々なトラブルを持った子供が増えました。
そして、それらは体内毒素との関連が指摘されています。
子供のためには、男女ともに常にデトックスが必要です。


【主な体内毒素】
⑴ 重金属
空気、水、食べ物から体内に入り込むと、臓器が本来持っている働きができなくなり機能不全を起こします。
予防接種には重金属(水銀)が含まれていて特に子供に対しての影響が強く、さらに、重金属が溜まっている母親から生まれた子供は母体からすでに影響を受けているので、そこへワクチンを受けると、ますます影響が大に。
これによって、障害、アレルギー、育てにくい子・・という可能性が高まる。


⑵ 放射能
日本は言わずもがな。
正確な情報が分からない事も問題。


⑶ 電磁波
スマホ、パソコン、テレビ
特にスマホは直接触るし、常に身につけている人が多いので影響が強いです。
スマホは小さな子供の脳の発達に害があるというエビデンスがあり、デンマークでは子供のスマホの使用時間に規制をしようという動きがあるそうです。
0〜3歳・・・0時間、近くにも置かない
小学生・・・最大3時間まで    などなど

妊娠を望む女性は、睡眠時の環境がとても大事です。
寝室にスマホの持ち込みはNG!


ーデトックス

FR・デトックスコース

2017年05月30日
サロンを再開するにあたって、やりたい事がありました。

今、日本人にとって一番必要なんじゃないかと思う事。

それはデトックス。

現代人の体内汚染度は、おそらく過去最高。

国内で生産される野菜に使われる農薬や化学肥料。
添加物の味しかしない加工食品。
海外から輸入される遺伝子組み換え穀物を食べて育つ牛や豚、鶏。
報道されない海洋汚染。
放射能で汚染された土を農業用にばらまく政府。

…数え上げたらきりがない。

そして、日本に住む限り避ける事ができないという現実。

これは……デトックスしないとまずいでしょう! o(o・`з・´o)ノ


どんなメニューを組もうかな〜と考えていたところに、ちょうどタイミングよく、FRのデトックスコースが開催されるというので参加してきました。

このデトックスコースは、長年蓄積された老廃物や毒素を徹底的にデトックスしましょう〜、という5週間プログラム。
東日本大震災がきっかけとなって、ロネさんが2年半かけて作り上げたセラピーです。


1週間ごとに、それぞれ違う臓器にアプローチして、体に溜まった毒素(老廃物、重金属、放射能等)を排出すると同時に、経絡やエネルギー回路の詰まりを取り除き、身体に活力を与えます。

1週目 リンパ系(胃・脾)

2週目 肝臓

3週目 小腸と血管

4週目 大腸

5週目 腎臓(子宮・卵巣/精巣)


この5週間の間は、毎日やるべき宿題があります。
解毒を促すために摂取してもらう食事と、お腹のマッサージです。
サロンに来て横になっていれば終わり♪というセラピーではありませんが、5週間後には確実に体内環境が変わっているでしょう。


ーデトックス

断食後の食事

2010年05月14日
無事、断食が終了して回復食になりました。

回復食は制限はされていますが、一応、固形物を食べてもいい事になっています。

でも…固形物が食べられない…。

胃が小さくなっているせいなのか、少し食べるとあっという間にお腹がいっぱいに。
お腹すいてるし~、と思って無理に食べると胃がキリキリ痛い。
無理にといっても、蒸したジャガイモ1個なのに!

ゆっくりと戻していかないと、胃が可哀想な感じです。


そして、断食によって臓器の奥の毒素が排出されているらしく、肝臓が痛い…。

ん?
お酒の飲みすぎ?

今までの食生活(というより飲酒)を、つくづく反省しました。


ーデトックス

断食最終日

2010年05月11日
断食最終日です。

昨日までは、野菜ジュースや蜂蜜入りの水を飲んでも良かったのですが、今日は水のみの一日。

さすがに、今までで一番体力の衰えを感じました。
坂道がキツイ…階段が辛い…
でも、なんとか無事に終了できそうです。

明日からは回復食が始まり、4日後には普通の食事が解禁となります。
では、4日後に何が食べたいか?と考えると、不思議なくらい浮かんできません。
しいて言えば、新鮮なフルーツ、くらいでしょうか。

この感覚のシャープさが面白くて、このまま維持したいのかも。

断食期間中が進むにつれて徐々に感覚が研ぎ澄まされていき、服を着ても「こんなにやわらかな感触だったかな」とびっくりしたり、人ごみの中で相手が見えなくてもどこにいるかが分かったりしました。

仕事もやりやすくて助かるわ〜 (* ´ ▽ ` *)


ゲリー曰く、本当にクリアになってくると、何を食べても影響を受けなくなるらしいよ。

ははは、本当にクリアにって、そこまでが長いよ。


ーデトックス
 | HOME | Next »