FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

マザー&ベイビー・トラブル指導コース!

2018年10月29日
ロネ先生来日セミナーの次の日は、日本初開催となった「マザー&ベイビー・産後のママと赤ちゃんのトラブル指導」のディプロマコースに参加しました。

このコースで学ぶのは、

サロンで行う産後トリートメント
自宅で行ってもらうセルフ産後ケア
自宅で行う赤ちゃんケア
他の兄弟達への感情ケア


今までも、産後ケアとして脳幹セラピーやホルモンケアを受けてくださるお客様はいらっしゃったのですが、サロンで癒されても家に帰れば待った無しの育児が待っているわけで…。

育児中は、そうそう頻繁にサロンに来る事も出来ないだろうし…。

赤ちゃんもずーーーーっと泣きっぱなしの子もいれば、穏やかで落ち着いている子も。
便秘気味の子もいればすぐに下痢しちゃう子もいて、ほんと様々。
他の兄弟が子供返りして大変なケースもあったり。
時には、旦那さんが寂しがって子供返りしたり?

何をどう対応したら良いのか分からない、という方も多いはず。

各家庭によって、お悩みの種類は色々なんですよね。
そんな色々なパターンに対応できるのが、こちらのコースとなります。


準備が出来次第、通常メニューの中に組み込んでいこうと思います。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

ロネ先生、来日セミナー

2018年10月24日

IMG_8496_convert_20190131204534.jpg



今月はセミナー月間!

脳幹合宿に続いて、先週末は神経反射療法(FR)のロネ先生の来日セミナーでした。


FRは今年で40周年。
私が最初に習ってからは11年。
この11年の間に、様々なコースができています。
どんどん、進化してますね。



今回のセミナーは、

「鬱と燃え尽き症候群のセルフケア」

「歯の噛み合わせの症例」

「テンプラーナテラピア(早期介入療法)〜双子の脳性麻痺の症例」


障害を抱えて生まれてくる子供の症例には、介護する親の大変さに胸が苦しくなり、逞しく変化していく子供の成長にみんな大注目。

日本でも、最近増えているトラブルを抱えた子供達。
テンプラーナテラピア(早期介入療法)はFRの真骨頂です。
日本でも、もうすぐ第1期生が誕生します。
みんな頑張ってーー。

現在、トラブルを抱えた赤ちゃんを育てている方もいるかと思います。
来年以降になりますが、テンプラーナテラピア認定セラピストを紹介できると思います。
お悩みの方はご相談くださいね。

長い学びと成長の途中、セラピストとして出来ることはまだまだ沢山あるな、と感じた1日でした。

しかし、FRと脳幹セラピーの組み合わせは、効果倍増間違いなし。
やっぱりこの2つはセットだな〜。


IMG_8505_convert_20190131204248.jpg

-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

ホルモンケアコース始まります

2018年08月29日

IMG_8144_convert_20190121210648.jpg



9月よりホルモンケアコースが始まります!

神経反射区療法(ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジー)をベースにした、ホルモンに特化したコースです。

不妊(男性不妊)、妊娠期の不調、産後の落ち込み、生理不順、更年期のほてり、気分のムラ、婦人科系疾患、糖尿病、、、などなどホルモン系トラブルの改善が目標です。

アメリカ人ドクターが考案したホルモンチェックシートで15種類のホルモンの乱れを調べ、ターゲットを絞ったアプローチ。顔と足の両方から神経と内分泌に働きかけるバイポーラー(双極)テクニックで、深く深く働きかけます。

外から何かを足すわけではなく、自然な形でホルモンを整える補完療法です。

デンマークの不妊クリニックでも導入されている信頼性のある手技なので、不妊治療を行なっている方の助けになるかと思います。

将来的に妊娠を望む方は早めに整えておくことをお勧めします。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

父の体調不良

2017年10月06日
夏も半ばを過ぎる頃、父が体調不良に陥りました。

ある朝、起きたら突然物が二重に見えて全く視点が合わず、テレビも新聞も読めなくて、さらに頭がクラクラして胸も苦しくなり、1日の半分はソファで横になっているような状態だったようです。

パニック発作を何度も繰り返し、食欲不振、不眠、激痩せ、神経衰弱、鬱症状…と負の連鎖。

あちこち病院へ行っても何も悪いところはなく、処方されるのはビタミン剤と睡眠薬と安定剤のみ。

どんどんやせ細っていく姿に危機を感じた母から、やっと私に連絡がきた。


どうしてすぐに相談しないのーーーε=ε=(怒゚Д゚)ノ
うちの親っていつもそう!


即、実家に帰って、神経反射区療法(FR)をスタート。

まず弱った心臓のケアをして全身の循環と脳内の血流を上げ、視床下部と松果体に働きかけて内分泌のバランスを取り、視神経もケア。

そして一番大切なのが、本当はどこの臓器が弱っているのかを見つけること。
色々な不調があっても、それらはあくまで、今、現れている症状にすぎず、根本原因(生まれてから一番最初に弱った臓器)を改善しないといずれまた別の症状として出現します。

父の場合は胃でした。

ということで、胃のケアを最も重点的に。
仕上げに全身の経絡と中枢神経を整えて、リンパを流します。

これらは顔をメインに、手と足とお腹の反射区を利用して行いました。
サーミー大活躍。

加えて食事療法も。
気分がすぐれない時は、CADオイルをすぐに飲んでもらって。

これを5日間、毎日行ったことで症状は劇的に回復、眼の焦点は6割治り睡眠薬と安定剤がいらなくなり、食欲も戻ってパニック発作も起こさなくなった。

さらに1ヶ月後に、同じように5日間のトリートメント。
眼の問題は8割ほど回復し、友達と出掛けられるほどになった。


西洋医学が苦手な分野は自然療法で改善しやすい、今回はまさにそんなパターンでした。

自分のやってきた事が家族の役に立つのは嬉しいものですな。
まだまだ勉強不足で未熟な面もあるけど、この方向で良いんだなと感じられた出来事でした。


このことで、家族は私の事をレジェンドと呼ぶようになった(笑)
凄いのは私ではなく、FRなんですけどね。

感謝です。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)

回復力

2009年03月04日
お休みの間、実家に帰っていました。
祖父の法事があったり、久しぶりに地元の友達と会ったりと、忙しいながらも楽しい時間を過ごしました。

で、せっかくなのでセッションもちょっぴり。
フェイシャルリフレクソロジーを何人かに施術させていただきました。

ここで面白い発見があったので、報告しようと思います。


去年、倒れて生死をさまよったという70代後半の女性。
今は家庭菜園をして体を動かしながら、時々、自宅で美容室の仕事も再開しています。

さっそく顔を触ると、レベル5のディポジット。
つぼから脈動もまったく感じません。
(健康な人は、つぼを押すと、どくっどくっと脈動が感じられます)
今まで施術したお客様の中では、一番エネルギーが弱い状態です。


あぁぁ…病み上がりだもんねぇ。
弱ってるよね~。


でも、施術が進むにつれて、みるみるエネルギーが上昇してくるのを感じます。
顔色も良くなって、脈動も復活。
脈動が感じられたという事は、経絡の流れが改善された証拠です。

そして、施術が終わることには、顔全体がすっきりつやつやとして、イキイキとしていました。


そして、次の日の夜。

「今日は目覚めが良くて、1日体が軽く感じたわ。
畑仕事もいつもはすぐに疲れちゃうのに、今日は全然疲れなかったし。
こんなにすっきりしたのは久しぶり。本当にありがとう」

と、連絡がありました。
バッチリ、効いたみたいです。
こういう連絡をいただくと、本当に嬉しいです。

今までは20代〜40代の方に施術することが多かったので、70オーバーの方にはどんな風に反応が出るのか少し心配だったのですが、ほっとしました。

そして、施術途中でどんどん経絡の流れが改善されていく様は、今までで一番でした。

あんな弱った状態から、どんどん回復していくその力強さはどこから来るのだろう?と考えたところ、この方は空気の綺麗な岐阜で暮らし、食べるものは自分の畑でとれた無農薬野菜中心の粗食。
その土地で採れた、その季節の食物を食べて日々過ごしています。

自然の流れに沿った生活をしていると、体の回復力も高いのでしょう。

東京で暮らしていると実践するのは難しいのですが、出来る限り見習いたいものです。


-FR(フェイシャルリフレクソロジー)
 | HOME | Next »